スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本橋ヨヲコ (仮)

らしい内容でも書こうかと。

日本橋ヨヲコさんについてです。
日本橋ヨヲコさんは、表面上は冷めてるのに、内に秘める思春期的なグチャグチャな気持ちのキャラクターを描かせたら、右に出るものはいない漫画家だと思います。
しかも中、長編になってくると、そんな気持ちのキャラクターを何人か登場させていて、それを見事に展開させてしまうのがまた凄いと思います。
その表現力は天才的であり、自分認定の天才漫画家の1人です。
以下、簡単な作品紹介(覚えてる範囲で)

プラスチック解体高校 1 (1) プラスチック解体高校 1 (1)
日本橋 ヨヲコ (1998/02)
講談社
この商品の詳細を見る

プラスチック解体高校は、拙い部分があったりしますが、言葉の端々にバシズムが流れている作品だと思います。
うまくいえませんが、個人的には好きな作品です。
ちなみに、途中で打ち切りになってしまった作品らしいです。

極東学園天国 1 (1) 極東学園天国 1 (1)
日本橋 ヨヲコ (1999/12)
講談社

この商品の詳細を見る

日本橋ヨヲコさんの作品で、1番グチャグチャした気持ちが展開し、ぶつかり合っていると思います。
全4巻で読み応えがあります。
プラスチック解体高校の進化系とでもいったところでしょうか。

バシズム 日本橋ヨヲコ短編集 バシズム 日本橋ヨヲコ短編集
日本橋 ヨヲコ (2001/04)
講談社

この商品の詳細を見る

いつの頃のかはわかりませんが、短編集です。
プラスチック解体高校よりさらに拙いことを考えると、初期の短編集だと思います。
短編集ですが、若干つながりのあるものもあったりします。
話によってマチマチですが、プラスチック解体高校、極東学園天国と同系統のバシズムを感じます。
そしてたぶんこれがその原点。
強いバシズムを感じます。

G戦場ヘヴンズドア 3 (3) G戦場ヘヴンズドア 3 (3)
日本橋 ヨヲコ (2003/09/30)
小学館

この商品の詳細を見る

自分で描いて、自分の首を絞めてないかというような作品です。
漫画とは!ということを描いていて、しかもキャラクターがまたグチャグチャというよりももう、ドロドロとした気持ちをブツケアッテマス。
漫画に対しての考え方もある意味で純粋ですが、すごいものです。
傍観的なキャラクターとして自らを置き換えているのも特徴。
そんなミヤコが一番好きだったりします。

少女ファイト 1 (1) 少女ファイト 1 (1)
日本橋 ヨヲコ (2006/07/21)
講談社
この商品の詳細を見る

バレー漫画です。
じっくりためこんで話を展開させていて、単行本だとこれがテンポよくはまります。
今までのようなバシズムさはないですが、画力の向上、情熱というよりは構成で読ませる漫画に変化した作品だと思います。


読み返してないので、記憶でまとめてみました。
うまく表現できてない部分もあるので、また改めてまとめるかもしれません。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ひだまりの民 のほほん族 風水タイプ 良縁

ひだまりの民 のほほん族 風水タイプ 良縁万笑・[アイマス] アイドルマスター キャラクター紹介・マイクロソフトX-BOX360エポックキャラクター「集まれピターニャ」の ...・FLASHのキャラクターが登場する東方風弾幕シューティング・世界の有名アニメキャラクターの驚くべき

学園漫画学園漫画(がくえんまんが)は、漫画作品をテーマ別に分類したもののひとつ。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kitonz

Author:kitonz
初めまして。

訪問者
kitonzフォト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
kitonzチェック
RSSフィード
ログ

無料レンタル

ロールオーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。