スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後に期待したいiPhone6 plus

iPhone6 plus。
5.5インチの大画面スマートフォン。
自分はスマートフォンは小さければ小さいほど良いという考え方なのだけど、あのAppleが用意した大画面スマートフォンにはそれを覆す何かがあるのではないかと思ってすぐに買うことにした。
まだ使い始めてほんの一週間しか経っていないが、使ってみて感じたことについてさっくり書いていく。

iPhone6 plusだが、一言で総括するなら無駄にデカイということになるだろう。
大画面スマートフォンの価値としてわかりやすいのはタブレットの代替が可能であるという点だが、まずそれはできていない。
大画面の使い勝手試すのにkindleコミックを読んでみたものの、読む際に感じるコマの印象がタブレットに比べ明らかに低い。
これは画面解像度の問題ではなく5.5インチという物理的な画面サイズの限界だろう。
結局5.5インチの大画面とは中途半端な大きさであり、タブレット的な使い方をしたければiPad miniを買えということになると感じた。

iPhone5からiPhone6 plusに変えて良かったと思う点はTouchIDが使えるようになったこと、画面が綺麗になったこと、バッテリー持ちが良くなったことだ。
ただこれは逆に言うと、大画面になって良かったと思う点は一つもないということになる。
つまり無駄に大きく、無駄に重く、無駄に操作しづらくなってしまったと感じていることに他ならない。

iPhone6 plusに対する酷評になってしまったが、iPhone6 plusはまだ世にでたばかりである。
自分が使い込む中で良いと思える点の発見やAppleからの今はない使い方の提案など、今後について期待したいと思っている。
何故なら高い買い物をした上に使いづらくなったなどと認めるのはつらいのだから。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kitonz

Author:kitonz
初めまして。

訪問者
kitonzフォト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
kitonzチェック
RSSフィード
ログ

無料レンタル

ロールオーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。