スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「このSを、見よ! クピドの悪戯」がおもしろい

「このSを、見よ!」という漫画がおもしろかったのでちょいと書いてみます。

まずおもしろかった点ですが2点あって、1つは個人的偏見を打ち破ってくれた点です。
この漫画はちょっとHな要素があるのですが、個人的偏見でHな漫画はHであることに重点が置かれていて話としてはあまり面白くはないと思っていました。
ところが「このSを、見よ!」を読んでみるとはまったくそんなことはなく、物語として話を楽しめました。
2つ目は1つ目と少し被るのですが、印象に残る展開という点です。
ラストも含めてにはなりますが、話の展開が結構衝撃的で印象に残りました。

ちょっとHな漫画だけど物語性があり、展開も印象に残る漫画。
という紹介が今回の記事の要点になりますが、これだけだとどんな話かまったくわからないと思うので概略を少し補足します。
(できるだけネタバレしない方向にしますが、多少してしまうので何も知りたくない方は読まない方がよいです)

まず話のジャンルですが、恋愛物です。
ジャンルは恋愛物ですが、特徴的な設定として主人公(男性)の体にはスティグマという痣のようなものがあり、この痣を見た人(女性)は主人公に欲情するというものがあります。
あることをするとこの欲情は解消されるのですが、あることをしなければ解消されません。
またこの能力ですが主人公が望む望まないにかかわらず見たら発動してしまうという厄介な性質もあわせ持っています。
これに各登場人物の背景が交わり少し複雑に話は展開していきますが、基本はこの設定を元にした恋愛物となります。
ただ設定からも想像できるとおり、純愛というか綺麗な恋愛ものではありません。
逆に綺麗でない点を読んでいくのを楽しむ漫画だと思っています。

また2軸の恋愛が描かれることになる点もおもしろいところです。
すべて読み終わった後に比較してみると同じ点・異なっている点が見えてきてまた楽しめると思うので、それを比較するのもおすすめです。

このSを、見よ!(1) (ビッグコミックス)このSを、見よ!(1) (ビッグコミックス)
(2013/02/04)
北崎拓

商品詳細を見る


と、書いてみたもののネタバレの内容も含めて書かないとすっきりしないので、この後はネタバレこみで少し書きます。

物語のラストですが、なんでそっちを選んでしまったのかというのが正直な感想です。
今までの展開的にありえなくはないけど、両親の背景は対極としての対比の意味が強いと思っていただけに衝撃的でした。
結果的に対極ではなく似て非なる物(自分の思いを優先するという意味で同じ)という非常に近いものになってしまった気がします。
良い悪いではないのですが、父親と息子(主人公)をみてみると同じ道を辿ってしまったんだなという点が少し残念です。
ただこの点こそが「このSを、見よ!」の核だと感じているので、この点は描かれるべき重要な箇所だと思っています。
ただ個人的にはそうなって欲しくはなかったな・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kitonz

Author:kitonz
初めまして。

訪問者
kitonzフォト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
kitonzチェック
RSSフィード
ログ

無料レンタル

ロールオーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。