スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解放少女SIN もっと良い評価がされてもいい作品

解放少女SINのPS vita版をプレイして結構おもしろかったのだが、一般的にもっと良い評価がされてもいい作品ではないかなと感じたので今回記事にしてみた。

まず解放少女SINというゲームの背景について少し書くと、解放少女SINは解放少女という3DSやiOS版で発売されているSTGの続編である。
ただ続編なのだが、ゲームジャンルはSTGからADVに変更されており、引き継いでいるのはストーリーのみになるようである。
なるようであると書いたのは自分は前作をプレイしていないためであるが、解放少女SIN内で前作も含めた話が少し入っているようで、前作をプレイしていなくても特に問題なく楽しめると思う。

ストーリーの主軸は日本が他国からの侵略戦争対するということを、大統領および内閣などの政治中枢に関わる人達の視点から描くという軍事・政治もののストーリーになっている。
またミスティクルという物質により低年齢でも高い能力を持つものが現れており、大統領および内閣のメンバーは高校生を中心に運営されている。
このように世界設定が少しユニークだったので、世界設定を理解していくだけでもかなり楽しめた。
またユニークというと、史跡兵器という独特の兵器(例えば名古屋式ゴールデングリッター)もかなりユニークだ。
実際にプレイしてみればわかると思うが、名前も内容も実にバカバカしくておもしろい。

ストーリーについて前半・中盤・後半を5点満点で評価すると、前半4点、中盤3点、後半3点である。
新鮮な設定とある意味のバカバカしさで前半の評価は高い。
中盤は個人的に好みの展開をしないのと、やや間延びした感があり3点。
後半はも中盤とほぼ同様の理由で3点としている。
ゲームとしてはほぼ1本道のADVで、約25時間ほどのプレイでクリアできた。
ゲームボリュームとしては十分あり、斬新な設定などのおもしろみもある。
ストーリーがやや間延びする点と展開に意外性がない点は残念だが、一度プレイする価値は十分にあると思う。


解放少女 SIN (限定版) (設定資料集、オリジナルショートアニメプロダクトコード 同梱)解放少女 SIN (限定版) (設定資料集、オリジナルショートアニメプロダクトコード 同梱)
(2014/07/31)
PlayStation Vita

商品詳細を見る

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kitonz

Author:kitonz
初めまして。

訪問者
kitonzフォト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
kitonzチェック
RSSフィード
ログ

無料レンタル

ロールオーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。