スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々にダイの大冒険を読んで思ったこと

kindleでダイの大冒険が発売されてたので懐かしくて思わず読み始めたら全巻読んでしまった。
あっさりと一万円近い出費でkindle恐るべしである。

ダイの大冒険今読み返してもおもしろかったが、当時読んでいた時と違う点を2つ感じた。
そのうちの1つは泣けるということだ。
当時読んでいたことを考えると、ダイの大冒険で泣けるなど考えつかないとまでは言わないまでもないと思えた。
でも今の歳で読み返すと所々で泣ける。
感受性が増したのか涙腺が弱くなったのかは定かではないがここ数年漫画でよく泣くようになったのは、読んでいる本が変わったから(青年向け)ではなく歳のせいのという理由が大きかったのだろう。

もう1つは使命感を持って行動するダイたちの直向さが凄いということだ。
少年漫画の主人公というのはこんなにも直向だったのかということを改めて認識するとともに、現在の自分のやる気のなさに凄まじいギャップを感じた。
これはなんとも言えない読後感である。

小説などでは読む歳が変わると感想も変わるという話があるが、少年漫画であってもそれは同様のようだ。

DRAGON QUEST―ダイの大冒険― 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)DRAGON QUEST―ダイの大冒険― 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
(2013/01/19)
三条 陸、稲田 浩司 他

商品詳細を見る

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kitonz

Author:kitonz
初めまして。

訪問者
kitonzフォト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
kitonzチェック
RSSフィード
ログ

無料レンタル

ロールオーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。