スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DSC-RX100レビュー その2 室内&広角描写

前回は室内というか同じモノ撮りだけだったので、今回は室内撮りでも実用に即したサンプルでのレビューです。
撮影の共通条件としてはJPEG撮影ですが、今回はApertureで少し調整しています。

F2.8 ISO125の28mm撮影。
鋭柔
鋭柔 posted by (C)kitonz
グラスの水滴と影のシャープさとボケの柔らかさが素敵。

F2.8 ISO640の28mm撮影。
シャンデ
シャンデ posted by (C)kitonz
これは正直良いとは思わないんだけど、暗い中それなりに撮れてる。

F2.8 ISO800の28mm撮影。
ひかり影
ひかり影 posted by (C)kitonz
ハイライト部飛ばしすぎたのが残念だけど陰影がうまく出てる。

F2.8 ISO250の32mm撮影。
重境界
重境界 posted by (C)kitonz
赤と青が鮮やかに出ている。
ただ好みとしては赤がもう少し鮮やかだといいかなと思います。


広角端側の画は総じてシャープで色合いも素晴らしいです。
スペック的な部分では寄れる上にF値も小さくできるのでISOを低めに撮影できます。
今回は最大ISOは800ですが、前回の例でISOは3200まで全然使えると感じたのでさらにISOを上げたいような場面でも十分に使えそうです。
広角メインで使うのであればDSC-RX100は最高のコンデジかもしれません。

Cyber-shot RX100 2020万/光学x3.6/ブラックCyber-shot RX100 2020万/光学x3.6/ブラック
(2012/06/15)
ソニー

商品詳細を見る

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kitonz

Author:kitonz
初めまして。

訪問者
kitonzフォト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
kitonzチェック
RSSフィード
ログ

無料レンタル

ロールオーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。