スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放浪息子13巻 放浪息子は放浪中

この13巻は12巻から始まった高校編が本格始動といった感じで、にとりんたちの世界がより広くなっています。
放浪息子は中学編の世界の広がりと心の動きの変遷があまりに見事だったので、この高校編にもそれを期待したいところです。

ただ高校編に入り学校が変わってしまった人たちの描写が減ってしまっていることは残念です。
特に放浪息子を1巻から読んでいる自分としては、主人公はにとりん、高槻さん、千葉さんだという印象が強いので、高槻くん、千葉さんの出番が減ってしまっているのはなんとももどかしい感じです。
その分あんなちゃんの出番が増えているのは嬉しいのですが、生粋の千葉さん派の自分としては千葉さんの出番を増やせー、彼氏と別れさせろーと声を大にして言いたいところです。
ただうれしそうに見えるとあっては致し方がなく我慢しましょう。
(千葉さんが彼氏と別れてもにとりんどうすんだという問題もあるし)

ちょいとネタバレ的な感想も書きますが、13巻を見ているとにとりんが今後どうしていくかという葛藤の種として文学少女や女装親、あとあんなちゃんも描かれていると思います。
12巻でにとりんはユキさんのお店で働こうとしてましたので、その時点ではユキさんと同じ道を目指す感覚がにとりんにはあったと思います。
ただ13巻に入っていろいろな経験をするうちに、意識的にも無意識的にも自分がどうしたいのか(女装がしたいだけなのか、女の子になりたいのかなど)という葛藤が生まれてきています。
しかもこの自分がどうしたいのかという部分は高槻さんも同じく持っていて、描かれるかは別にすれば千葉さんも同じく持っているでしょう。
彼らに起こっているこれらの少しの変化ですが、放浪息子ではこのような少しの変化でも長期間描くことで全体としての大きな変化につながっていきます。
この成長物語を14巻以降も続けてもらって、どういう結論を出していくのかをにとりんだけでなく高槻さん、千葉さんについても見せてもらえたらなと思います。

放浪息子 13 (ビームコミックス)放浪息子 13 (ビームコミックス)
(2012/05/25)
志村貴子

商品詳細を見る


P.S
現時点でにとりんと高槻さんがどうしたいのかを想像すると、にとりんは可愛いものが好き、高槻さんは格好いいものが好きでそれの表現として女装、男装というものに走ったのではないかと思えます。
つまり女装、男装は手段であって目的ではなく、最終的には女装、男装という表現をせずに各々の好きなものを選んでいくのではないかと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kitonz

Author:kitonz
初めまして。

訪問者
kitonzフォト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
kitonzチェック
RSSフィード
ログ

無料レンタル

ロールオーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。