スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいiPadを手に入れたのでその感想

新しいiPadを買ったのでその感想を書いていきます。

新しいiPad、箱を開けて最初に感じたのは普通だなということ。
ただ手にとってみるとそれが感動に変わった。
この手に吸いつくような感じはなんだ!
そして相変わらず美しい!
噂のReitinaディスプレイを見る前に感動してしまう程に素晴らしいものが自分の手の中にあった。

次に設定を終えてディスプレイを見てみると本当に綺麗。
特にpdf文章などをみると今までのiPadであれば拡大しないと読みづらかったものが、拡大せずともそのままのレイアウトで読める。
これを期待して買ったので期待通りの結果で最高だ。

動作についてはあらゆるものがストレスなく動く。
アプリの動作も切り替えも文字入力も快適だ。

唯一不満があるとすれば重いこと。
長時間持って使用するとそれなりに負担がかかる。

総合的には素晴らしい製品だと思う。
ハードウェアとしての製品の完成度、ソフトウェアとしての製品の完成度は秀逸だ。
完成された製品のレベルをあげてまた完成させたような製品、それが新しいiPadだと思う。
話題にする大きな特徴はないが、全体として素晴らしい製品であり買うに値するものだと思う。

とまぁざっと使ってみての感想は以上だが、今回の新しいiPadで思ったことについてもちょいと書いてみる。
今回iPadのリリースとほぼ同時期にMacのiLife関連のiPhotoとGarageBandのiPad版がリリースされた。
この事でついにiPadは個人ユースのPCを置き換えるのではないかと感じた。
何故ならiPadで動画、写真、音楽編集が可能になったからだ。

今までiPadはWebをみたりゲームをしたり音楽を聞いたりと何かを消費する方向での利用がメインだった。
しかしiMovie、iPhoto、GarageBandが揃ったことで何かを作り出す方向で使うことが可能になった。
はっきりいうと、PCでやってきたことがiPadでも可能になったのだ。
さらにいうならiPadは持ち出しが容易でカメラもついている、PC以上の使い方でさえも可能なのだ。

厳密にいえばPCにしかできないこともあるし、現時点での使い勝手や保存容量の小ささなどの問題はある。
だが、一般的に必要とされる機能は代替できるだけの製品になったと思う。
タブレットがPCを置き換えるという話は以前からあるが、実際の製品としてはこのiPadがその始まりとなるような気がしている。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kitonz

Author:kitonz
初めまして。

訪問者
kitonzフォト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
kitonzチェック
RSSフィード
ログ

無料レンタル

ロールオーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。