スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土星マンション 読了

岩岡ヒサエさんの土星マンションの1~7巻(完結)を読んだので今回はその感想です。

土星マンションは地球の環境汚染が進んだために、人々は地球から35000メートル上空にリング状のコロニーを作って生活しており、そこは財による階層社会(上層、中層、下層)になっているという設定です。
主人公はその下層に住み、コロニーの窓ふき(危険がある)を仕事にしている少年です。

この土星マンションは人の暖かさを描いている作品だと思います。
人それぞれに抱えているものはありますが、その中でも人の暖かさは変わらない。
皆が皆その暖かさを持っている。(逆にそうでない部分も持っているのですが)
そんなことを感じさせてくれる作品だと思います。
特に主人公の成長に合わせて変わる人との関係性や環境が変わることによって変わる人との関係性も表現されており、主人公を中心としてこのような多様な関係性が描かれているのは凄いと思います。

ただ気になる点としては、1巻がおもしろさという意味ではやや弱い点。
また世界的変化を舞台にした際にも描かれるのはあくまで主人公の目線のみという点です。
ただ1巻がおもしろさで弱いというのは、1巻で読むのをやめている人がいたらもったいないという程度の話で、主人公の目線のみで話が描かれるというのも、土星マンションで描いていることがあくまで主人公を中心とした人との関係性ということを考えるとそこに集中する為にはいいこととも言えると思います。
そういう意味では、気になる点は悪い点ということではなく、ほんとただ気になるというだけの話です。

土星マンションはおすすめですが、読み方としては1、2巻を読んでみて2巻があいそうであれば3巻以降を買うというのがいいと思います。
1巻だけ(6巻後半から7巻を除くと)は雰囲気が堅い部分があるので、土星マンションがあうかあわないかを判断するには2巻まで読んだ方がいいと思います。
なお、個人的におすすめの巻は5、6巻です。

P.S
佐知さんは予想とは違ったけどやっぱりそうなったかという感じで正直がっかり。


土星マンション 1 (IKKI COMICS)土星マンション 1 (IKKI COMICS)
(2006/10/30)
岩岡 ヒサエ

商品詳細を見る

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kitonz

Author:kitonz
初めまして。

訪問者
kitonzフォト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
kitonzチェック
RSSフィード
ログ

無料レンタル

ロールオーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。