スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秒速5センチメートル 小説版(加納新太) 感想

秒速5センチメートルの小説版を読んだのでその感想を書きます。
小説版といってもだいぶ前に出た新海さんverではなく、加納さんverです。
感想としては単純にこの小説版の感想と言うよりは、他メディアも含めたこの小説の役割的なものを含めて書いていこうと思います。

秒速5センチメートル one more side秒速5センチメートル one more side
(2011/05/20)
加納新太

商品詳細を見る


まず読んでみて良かったなと思ったのは登場人物の視点を変えているおもしろさがあるということ。
桜花抄は貴樹視点ではなく大人になった明里視点で描かれ、コスモナウトは花苗視点ではなく大人になった貴樹視点で描かれ、秒速5センチメートルは貴樹(一部明里)視点(というか歌)ではなく貴樹と明里の視点から描かれています。
視点が変わることで物語の見え方も変わるので少し新鮮な感覚で楽しめました。
特に明里視点は、自分が知りたかった部分でほとんど語られていなかった部分なので良かったです。

小説版単体として考えた時、はっきりいってこの作品はとてもおもしろく、秒速5センチメートルを曖昧なまま終わらせない作品として見るなら、本当に素晴らしい作品だと思います。
ただ原作と言える映画版、そして他作品も含めて考えるといまいちかなということもあります。
それは貴樹と明里の心情の説明が詳細すぎることです。

これは小説版として良い面なのですが、個人的には映画版からの流れとしてみると秒速5センチメートルにとっては詳細すぎたように感じます。
小説版では基本映画版に沿った展開をして、そこでの心情をうまくかつ詳細に視点者(大人になった貴樹と明里)に分析させていると思います。
この語られる心情についてはほとんど違和感ないものになっていますし、うまいと思う部分が圧倒的に多いと思います。
しかし他メディアの秒速5センチメートルという作品が全体的に揺らぎを持っている作品だったのに対し、小説版ではあまりに心情を明確化して固定してしまったため、作品世界の広がりが損なわれてしまったように感じるのです。
映画版の詳細作品、今までほとんど語られてこなかった明里視点、この二つをどう思うかによって感じ方が異なるでしょうが、今までの作品の流れとして見ると個人的にはいまいちだったかなと思う部分もあります。
せめて追加や違う展開があったり、異なる終わり方であればまた感想も違ったのでしょうが、詳細分析色が強すぎてこの小説版の流れに違和感を覚えてしまうのです。

ただ上述の感想はあくまで自分のイメージに過ぎません。
それにこの小説版、自分としても非常に楽しめた作品です。
秒速5センチメートルが好きなら楽しめる作品だと思いますし、読んだ方がいいとも思います。
ネガティブなことを書きましたが、小説版として間違いなくオススメできる作品です。

P.S
この小説版を読んでみて思ったのが、漫画版は奇跡のような作品だなということ。
原作の映画版を継承して、継承するだけでなくそこから発展もさせてる。
しかもそれが自分が見たかった秒速5センチメートルになっている、そんな奇跡。
(今回の小説版も良かったのですが、できることなら映画版を継承するだけでなく(小説版で追加された大人の明里描写がもう少し多いとかでも良かった)漫画版のように発展するような展開も欲しかった。)

*秒速5センチメートル漫画版1巻の感想はこちらになります。
*秒速5センチメートル漫画版2巻の感想(まとめ的感想)はこちらになります。

秒速5センチメートル(1) (アフタヌーンKC)秒速5センチメートル(1) (アフタヌーンKC)
(2010/11/22)
清家 雪子

商品詳細を見る


秒速5センチメートル(2) <完> (アフタヌーンKC)秒速5センチメートル(2) <完> (アフタヌーンKC)
(2011/04/22)
清家 雪子

商品詳細を見る


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kitonz

Author:kitonz
初めまして。

訪問者
kitonzフォト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
kitonzチェック
RSSフィード
ログ

無料レンタル

ロールオーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。