スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使いやすいMac、使いづらいWindowsその理由を考えてみた

最近Macの快適さに感動している・・・というかどうにもWindowsが使いづらい。
まぁこれは前々から感じていたのですが、以前このことについて考えた時にはどうにもその答えが出ませんでした。
今回改めてその理由について考えてみました。

以前Macが使いやすい理由について考えた時、MacにはSpacesとExposeがあるからだと思いました。
しかし同時にどうにもそれだけじゃないような気がするとも感じていました。
そこでもう少し考えてみてみえてきたのが、アプリケーションの差なのではないかなということです。
MacとWindows、ブラウザとメーラーしか使わないなら両者の使いやすさに差はないような気がします。
ただここに写真管理、Twitter、RSSリーダーなどが加わってくると差が生まれてくるように感じます。
例えばMacではTwitter、RSSリーダーは専用クライアントを使っていますが、Windowsではブラウザを利用しています。
なぜならWindowsでは使いやすい専用クライアントがないからです。
この専用クライアントの出来の差が凄く大きい気がします。
さらにもう1つ大きな理由があると思っていて、それはiPhoneです。
携帯はiPhoneを使用しているのですが、このiPhoneとMacはその使い勝手がお互いの延長線上にあるように感じます。
普段iPhoneを使っているためにさらにMacがWindowsより使いやすいと感じるのだと思います。
そう考えるとMacOSが次のメジャーバージョンアップでiPadのノウハウを取り入れるというのは、Appleユーザーとして考えるとさらに使いやすく感じるようになるのではないかと思います。

おそるべしAppleエコシステム。


Apple MacBook Air 1.4GHz Core 2 Duo/11.6Apple MacBook Air 1.4GHz Core 2 Duo/11.6"/2G/64G/802.11n/BT/Mini DisplayPort MC505J/A
(2010/10/21)
アップル

商品詳細を見る

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kitonz

Author:kitonz
初めまして。

訪問者
kitonzフォト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
kitonzチェック
RSSフィード
ログ

無料レンタル

ロールオーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。