スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

α55購入ととりあえずのISOレビュー

α55を購入。
まずは何故α55?という誰も訊いていない疑問に答える。

今回一眼を買おうと思ったのは、今持っているカメラだけではできない撮影をしたいと思ったことにある。
今持っているカメラだけではできない撮影を具体的にいうと、手持ち夜景とズーム撮影である。
今持っているカメラというのは総じて高感度耐性がなく単焦点レンズとなっていて、手持ちで夜景を撮ろうとすれば手ぶれするかノイジーな写真が出来上がるし、ズームはそもそも不可能(せいぜい体を前後させる程度。しかもこれはズームではない)だ。
それを解決する手段として選んだのが今回の新しい一眼というわけである。
一眼であればズームレンズを選べるし、映像素子が大きいので画質や高感度耐性が期待できる。
その為最初は一眼の中でも映像素子の大きなフルサイズに挑戦しようと思ったのだがいかんせん高く、分不相応な感じもあってどうしても購入に踏み切れない。
そんな中他の色々なカメラを触っているうちに一番しっくりときたα55を買ったというわけだ。(これでも十二分に高かった・・・)
ちなみにα55を買った決め手は大きく3つある。
1つは自分になじむ感じのする操作性、1つは見やすいファインダー、最後はGPS付きという点である。
この3つが大きな決め手となったが、特に大きかったのがファインダーである。
α55、見やすいファインダーと書いたが電子ビューファインダーということもあって実は綺麗に見えるわけではない。
普通の光学ビューファインダーの方がよっぽど綺麗だ。
しかし視野率100%と何より小さいビューは、メガネを使っている自分にはちょうど良かったのである。
普通の人ならファインダー内の被写体を大きく(広範囲)表示させている方が見やすいかもしれない。
しかしメガネを使っている自分からするとそうではなかった。
メガネをかけていると裸眼と比べてファインダーとの距離が離れる。
距離が離れるとファインダー内で広範囲に被写体を表示されると隅の方が見づらくなってしまうのだ。
その点α55はファインダーの被写体が小さくまとまっているのでメガネ使いにも易しいと思う。

とまぁ長々と文章を書いたので次は作例といきたいところですが、いかんせん未だ外には持ち出しておらずモノがありません。
その為今回はα55の室内撮りISO比較だけになります。
ちなみに写真は全部JPEG撮って出しです。

α55_ISO200
α55_ISO200 posted by (C)kitonz
α55_ISO400
α55_ISO400 posted by (C)kitonz
α55_ISO800
α55_ISO800 posted by (C)kitonz
α55_ISO1600
α55_ISO1600 posted by (C)kitonz
α55_ISO3200
α55_ISO3200 posted by (C)kitonz
α55_ISO6400
α55_ISO6400 posted by (C)kitonz
α55_手持ち夜景(ISO5000)
α55_手持ち夜景(ISO5000) posted by (C)kitonz

画像の詳細は実際に見てもらった方が早いと思うので簡単にまとめると、ISO1600は常用できそうな感じかなと思います。
ISO3200、6400に関してもノイズは多いですが、ディティールはそこまで潰れていないので使えそうな気がします。
ちょっと注目していた手持ち夜景はISO5000ということですが、ISO1600並のノイズで想像以上に良さそうです。(ただこの機能だとRawは撮れないみたいです)
実際の夜景を撮った時どうなるかについてはまだわかりませんが、これなら気軽に夜景撮影を楽しめそうな気がします。

ソニー デジタル一眼レフ α55(ズームレンズキット) SLT-A55VLソニー デジタル一眼レフ α55(ズームレンズキット) SLT-A55VL
()
ソニー

商品詳細を見る

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kitonz

Author:kitonz
初めまして。

訪問者
kitonzフォト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
kitonzチェック
RSSフィード
ログ

無料レンタル

ロールオーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。