スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエスタデイをうたってEX ~原点を訪ねて 冬目景 初期短編集~

イエスタデイをうたってEX。
またも出てるのをまったく知らないでいたのですが、久々にブログを更新したおかげかコメントで情報を教えていただけたので、早速で買ってきました。

まず全体の感想としてはこりゃやばい、です。
イエスタデイをうたってというより副題にあるとおり、原点を訪ねて 冬目景 初期短編集な作品ですが、イエスタデイをうたってについての冬目景さんへのインタビューやこのために書き下ろされたカラーイラスト、2色刷の雑誌原稿の再現、簡単なキャラクター紹介(最近活躍してる人物のみ?)、初期短編集についてのインタビュー、さらに初版ならシール(ハルとしな子)付き。
いったいどんだけ豪華なんだという感じです。

初期短編の大半は短い話が多く(数ページ)、話を読むというより空気感というような情感を読むという感じの作品のように感じます。
このへんは冬目景さんの真骨頂といわんばかりの感じで、とてもいい空気感になっていると思います。

読み切り作品は田中02とサイレンの棲む海。
田中02は特にこれがというものはないんですが、普通におもしろかったです。
自分が予想した結末と違う形になりましたが、違くてよかったです。
サイレンの棲む海は今回完全版が収録されていますが、前に完全版の方と雑誌掲載版の両方を読んだことがあります。
ただ読んだことはあるのですが詳細には覚えていないので、その時感じた違いを簡単に書くと、どちらにも一長一短ある感じで両方のいいとこどりをしたものが一番いいように感じていました。
ただ、どちらか片方なら完全版の方が好みでした。
その理由としては雑誌掲載版には冬目景さんらしくないと感じる言い回しがあったからです。
ちなみにこのこととはあまり関係ありませんが、今回この完全版を読み直してみたところ、ハヤセの人物像が自分の中でより明確になったと思います。

最後に初期短編の中からお気に入りの話をあげると、
縁側の人、あつあつ、石を買う、雨ノ中泳グ、サイレンの棲む海
です。
ちょっと多いですが、どれも気にかかる要素があって気に入っています。

イエスタデイをうたってEX~原点を訪ねて 冬目景 初期短編集~イエスタデイをうたってEX~原点を訪ねて 冬目景 初期短編集~
(2009/11/20)
冬目 景

商品詳細を見る


以下ネタバレあり。
気に入った理由(?)について

縁側の人
ただ黙ってそこで見ているだけですが最後に咲くのがなんとも。

あつあつ
あつあつというタイトルがなんとも。

石を買う
彼女の悲しみはなんだったのか。

雨ノ中泳グ
彼と彼女の気持ちの違い。

サイレンの棲む海
同じ思いを抱えていても(抱えているから)交わらない二人。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イエスタデイをうたってEX 冬目景

イエスタデイをうたってEX ~原点を訪ねて 冬目景初期短編集~(2009/11/20)冬目 景商品詳細を見る 誰も見た事のない冬目景。 幻の読切作品、...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kitonz

Author:kitonz
初めまして。

訪問者
kitonzフォト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
kitonzチェック
RSSフィード
ログ

無料レンタル

ロールオーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。