スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒と旨さとおもしろさ

酒。
ビール、日本酒、焼酎、老酒、ウィスキー、ワインなどなど色々な種類がある。
酒好きの人は毎晩飲んだりもするが、自分にはどうにも酒の旨さというか、常習してしまう理由が分からない。
まぁ酒が旨いとは思えないからと言ってしまえばそれまでなのだが、どうにも酒というのは旨い旨くないというふうにわける飲み物ではないように思えるのだ。

そもそも自分は別に酒が嫌いなわけではない。(別段好きでもないが)
二日酔いが嫌だったり、酔いやすかったり、焼酎は苦手だったりするが、ビール、ワイン、日本酒、ウィスキーあたりは普通に飲めたりする。
物にもよるが今まで飲んだ大半の酒は、味が旨いとは思わないが、不味くはないしどちらかというと色々な味、香りや特徴があっておもしろいと思うことが多い。
そう、酒というのはおもしろい飲み物だと思うのだ。
個人的にはそこにはおもしろさ的な旨さはあっても、常習的な旨さというか要素はないように思える。
(酔うために飲むという考えもあるかもしれないが、個人的にはあまり酔いたいとも思わない)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kitonz

Author:kitonz
初めまして。

訪問者
kitonzフォト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
kitonzチェック
RSSフィード
ログ

無料レンタル

ロールオーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。