スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LX3と歩く(夜編)

iPhoneに慣れれば慣れるほどMacを起動しなくなっている気がする。
まぁそれはさておき、LX3を夜使ってみたのでその写真と、感想でも。

P1010105.jpg

P1010108.jpg

まず最初に感じたのは、空がちゃんと暗いということ。
夜景を撮る際に、GR2(オート)だと全体を明るく見せようとして、空まで明るくなってしまうのだが、LX3はオートでちゃんと空の暗さを考慮してくれている感じ。(昼間暗くて夜ちょうどいいだけという気がしなくもないが)
LX3は昼間撮ると露出補正が必須な感じだが、逆に夜だとまったく必要ないかなと思える。

ISO400と手ぶれ補正があることに関しては(GR2だとISO200と手ぶれ補正なし)、ちょっとありがたいが、過信は禁物で、やはり慎重に撮らないと手ぶれする。
今回は基本片手で、どうしてもしんどい時はもう片方をそえる程度(手荷物があったので)で使っていたが、これが割とぶれる。
確かにLX3はGR2よりISOや手ぶれ補正の観点からは、手ぶれしにくいカメラなのだが、致命的なホールドの悪さや重いといった点があって、片手だとGR2並に手ぶれが起こってしまう。
普段は両手で撮るだろうから問題はないが、今回のように片手しか使えないと正直しんどい。

LX3をちょっと使ってみた感想をまとめると、夜優秀、昼イマイチなカメラという感じである。
今後フィルムモードをダイナミックにしたり、暗部補正など色々設定をいじって、自分なりの設定を見つければまた感想は変わるかもしれないが、少なくともほとんどの設定をオートで使うとこんな印象である。
あと少し話がそれるが、GR2やLX3は他のエントリークラスのコンデジと比べて描写力が高いのだろうか?
個人的にはGR2やLX3の描写力というのは、携帯性を考慮すると満足できるものだが、十二分に満足している訳ではない。(純粋に気に入っているレベルではあるが)
そして同時にGR2やLX3に比べて格段に描写力が劣るコンデジというのはあまり想像ができない。
ということはもしかすると、GR2やLX3とエントリークラスのコンデジの間には、そこまで大きな描写力の差はないんじゃないだろうか?
よくわからないけど。
(・・・・とここまで書いて思ったのだが、もしかするとコンデジのエントリーとハイエンドの差って描写力よりも設定できる内容の差なのかなと思ったり思わなかったり)

追記はこちら

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kitonz

Author:kitonz
初めまして。

訪問者
kitonzフォト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
kitonzチェック
RSSフィード
ログ

無料レンタル

ロールオーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。