スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone漫画

iPhone用の漫画がAppStoreでいくつか出ており、そのうちのいくつかを読んだが、どれもイマイチに感じられた。
漫画である以上、システムを考える以上に見せ方を考える必要があると思うが、それらがどうも考えられていないというか、よい案が見つけられていないと思える。

現在iPhoneでの漫画の見せ方は、大きく分けてページ単位とコマ単位がある。
この見せ方にはそれぞれ利点と欠点がある。

ページ単位の利点は紙の漫画と同じ世界観で読み進めて行けることである。
これは感覚の問題であり、このこと自体が重要かは少々疑問があるが、できればページ単位で読めた方が紙漫画のページ単位が確立されている以上よいと思われる。
これに対しページ単位の欠点は可読性の低さだ。
iPhoneの画面は携帯にしては大きい3.5インチだが、それでも紙漫画1ページをそのまま表示させようとすると、可読性が損なわれる。
特に吹き出し以外の箇所で、何か文字を書いていてその文字が小さい場合には、文字がつぶれて読めないことがある。(*1)
これは画像解像度をあげて、その部分を拡大すれば解消できるが、ファイルサイズの増大によるビューアーのレスポンスにどのような影響を及ぼすかという問題や、いちいち拡大操作を行ってしまってはページ単位に表示している意味が薄れてしまうように思える。

これに対しコマ単位では上述したページ単位の利点と欠点が逆になる。
可読性は向上するが、コマ単位に進めて行くため紙漫画のような感覚で読み進めることはできない。
画面タッチの回数が多く、読み進める上でタッチすることに意識をとられ、僅かながらも漫画への集中が低下してしまう部分があると思う。

ページ単位とコマ単位の欠点をあげたわけだが、両方とも欠点があるとはいえページ単位の欠点に比べてコマ単位の欠点は些細なことに思える。
漫画というのはページ単位で俯瞰するものだが、読み進めるのはあくまでコマ単位である。
なので、見せ方がコマ単位であってもそれは些細な問題だと思う。
これにくらべてページ単位の欠点は可読性が低くなる、つまりは読めない部分が生じるということであり、本である以上文字が読めないというのは論外と言わざるおえない。

iPhone漫画はまだ始まったばかりであり、システムや方法論が発展途上にあると思う。
今後試行錯誤の中で色々なことが確立していくと思うが、その中でも可読性に関しては最低限保証してもらいたい。
読めない本は本としての意味をなさないのだから。


P.S
少々辛辣な内容になってしまったかもしれませんが、それだけ改善して欲しいと思っている期待する分野ということです。


(*1)紙漫画サイズで作った原稿をそのまま同じようにiPhoneで表示することにはそもそも無理がある。紙漫画とiPhoneのサイズは違うのだから。このような想定外のケースでもそのまま流用しているんだとすれば、可読性が低いのも納得できる。

コメントの投稿

非公開コメント

改善

そうですね。
いまも、これからも、沢山の意見が出ると思いますね。
これを旨く改善できれば....
凄い機種、サービスが確立できますね!

プロフィール

kitonz

Author:kitonz
初めまして。

訪問者
kitonzフォト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
kitonzチェック
RSSフィード
ログ

無料レンタル

ロールオーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。