スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法遣いに大切なこと ~夏のソラ~ 1巻 君に届け 7巻 ビターチョコレイト

魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ (1) (角川コミックス・エース 209-1)魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ (1) (角川コミックス・エース 209-1)
(2008/06/26)
山田 典枝よしづき くみち

商品詳細を見る

やっと手に入った魔法遣い。
紆余曲折あったりなかったりしましたが、とりあえず感想でも。

今回の魔法遣いは、アニメ・漫画・実写とメディアミックスされていますが、基本設定は同じでも内容は異なるようです。
実写は冬らしいので、今やっているアニメとこの漫画を軽く比較しつつ感想を書いていきます。

基本的な登場人物(脇役?)に関しては、アニメと漫画であまり差はなさそうなんですが、ソラや豪太に関してはテンション高めというか明るめに設定されている気がします。
アニメのソラを真っすぐで純朴なキャラクターと感じるのに対し、漫画は真っすぐでテンションが高い(明るいだと微妙にニュアンスが違うし、アニメ版も明るいので)と感じます。
また漫画版のソラは、太陽と風の坂道の松尾ナミとかぶるところがあるように感じます。

物語の核心となっていくであろう影のある設定が漫画版のソラ、漫画・アニメ版の豪太にはありますが(アニメ版のソラにもあるかもしれないが現時点ではわからない)、漫画版とアニメ版の豪太の設定は恐らく同様の物かもしれません。
ただソラに関してはおそらく漫画版固有のものだと思うのですが、特にソラに関しては今後どのように物語を描いて行くのか非常に気になります。

あと漫画版のソラのテンションの高さは少し違和感を覚えますが、それはたぶんアニメ版から見始めたからだと思います。
漫画版の魔法遣いも一つの形として十分ありで、おもしろいと思います。
アニメ版には前に書いた3話のような話がありますし、漫画版ではカップの話であったり、犬の話などどちらにも魔法遣いのよさが出ているように思えます。


君に届け 7 (7) (マーガレットコミックス)君に届け 7 (7) (マーガレットコミックス)
(2008/07/25)
椎名 軽穂

商品詳細を見る

待望の7巻です。
内容は爽子が自分の気持ちに気づいていく話で終始しています。
今まで皆と一緒に楽しめたらという気持ちから、人を好きになって、その人を独り占めしたいという気持ちです。
なんというか話としては結構爽やかな感じで、Crazy For Youを描いた人なのかなぁと思わず思ってしまいます。


ビターチョコレイト (マーガレットコミックス)ビターチョコレイト (マーガレットコミックス)
(2004/06/25)
山口 いづみ

商品詳細を見る

これは若干古めな本です。
短編が4つ入っています。
この山口いづみさんの本はあまり読んだことはないのですが、この人の作品から感じるのは、思春期のいっぱいいっぱいの気持ちというか独占欲というかあせりというようなものを描いているように感じます。
その描き方はうまいと思うのですが、何か心にくるというかなんというか、個人的には感じるものがある作品で、楽しめる反面読後には何か深く見つめるとちょっと・・・的な作品です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kitonz

Author:kitonz
初めまして。

訪問者
kitonzフォト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
kitonzチェック
RSSフィード
ログ

無料レンタル

ロールオーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。