スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARIA 12巻、完結

今回の12巻でついに完結してしまったARIA。
ARIA(12) (BLADE COMICS)ARIA(12) (BLADE COMICS)
(2008/03/10)
天野こずえ

商品詳細を見る

11巻でアリスがプリマウンディーネになったので、なんとなくそろそろ終わりかなと思っていましたが本当に終わってしまいました。

まずこの12巻の感想ですが、正直ARIAの終わりへの持って行き方に関して少しパッとしない感じです。
それはあまりに無難すぎる、普通の終わらせ方だったからです。
別に奇抜である必要はないと思いますが、何か今までのARIAという色々な話と比較すると普通すぎるのです。
いわゆる"素敵さ"があまり伝わってこない。
(これはもしかすると旅立ち(別れ)が主題になっているという要因もあるかもしれません)
話の中で言っていた「ある一つが動き出すとそれによって色々なことが一気に動き出す。」的な部分を表現しているならこのあっさり終わってしまうということはいいと思いますが、ARIAのおもしろさという観点からだと物足りないかなぁと思いました。

12巻で終わったことに関しては、この時期に終わらせることが必要だったのかなと思います。
ARIAの世界観においてこれ以上灯里たちをシングルとしていさせるのは不自然ですし、かといってプリマになった後を描き"続ける"のも何か違う気がします。
そういう意味ではこの時期に終わるべきなんでしょう。
しかし読み手としてはその世界観の必要性とは別に、ARIAという話が終わってしまい、新しい話が読めなくなってしまうことは非常に残念だなと思います。
ただ今はARIA12巻のハッピーエンドを、今までの話を、じっくり振り返り味わいたいと思います。

ここで俺がこんなことを言うのは変かもしれませんが、
天野こずえさん、よい作品をどうもありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kitonz

Author:kitonz
初めまして。

訪問者
kitonzフォト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
kitonzチェック
RSSフィード
ログ

無料レンタル

ロールオーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。