スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも町は廻っている 2巻、3巻 ふたつのスピカ 13巻

それでも町は廻っている 2 (2) (ヤングキングコミックス)それでも町は廻っている 2 (2) (ヤングキングコミックス)
(2006/10/26)
石黒 正数

商品詳細を見る

それでも町は廻っている 3 (3) (ヤングキングコミックス)それでも町は廻っている 3 (3) (ヤングキングコミックス)
(2007/08/03)
石黒 正数

商品詳細を見る

感想というか感じたことなんですが・・・・の前にやっぱり簡単にですが感想を。
おもしろいです。
あの独特のノリは笑えます。
主人公の歩鳥はポジティブな馬鹿?阿呆?で、その行動で笑わせるのですがその馬鹿?阿呆?っぷりかたまらない。
1巻読んだ時は感じなかったんだけど、今回はこの漫画って安倍吉俊さんの同人誌(宇宙人ですが質問ですとか)に似てるなぁと思った。
さすがに商業誌と同人誌の違いでか、クオリティは違うのですが、表現しようとしていることは同じだと思います。

ふたつのスピカ 13 (13) (MFコミックス フラッパーシリーズ)ふたつのスピカ 13 (13) (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2007/12/22)
柳沼 行

商品詳細を見る

最近ふたつのスピカを読み返して、そういえばそろそろ最新刊が出る頃じゃないかな?とか思ったらほんとにちょうどのタイミングで出てました。
ふたつのスピカ13巻はいつもどおりあたたかい感動作品でした。
ただ今回はいつもより悲しい場面の描写がありましたけど・・・
ふたつのスピカはもしかすると物語の終盤へ向かっているのかもしれません。
もしそうだとしたら結末をどうまとめるのかが楽しみです。
宇宙へ行くところを描くのか? または行けなくても何かを描くのか?
作品の流れからだと後者よりの描写になりそうな気がします(行ったとしても)。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kitonz

Author:kitonz
初めまして。

訪問者
kitonzフォト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
kitonzチェック
RSSフィード
ログ

無料レンタル

ロールオーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。