スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失敗の本質―日本軍の組織論的研究

2012年もっとも興味深かった本として失敗の本質を挙げたいと思う。
(古い本ですが)

失敗の本質は大東亜戦争での様々な敗戦の原因を分析をしている本である。
特に日本人気質やその延長線上にある日本軍の組織特性といったものがどのように作用して敗戦や戦勝をもたらしたかという話は興味深い。
ただ自分がこの本をおもしろいと感じたのはそれだけが理由ではなく、失敗の本質が扱う戦いの史実的側面も理由のひとつである。

個人的な話ではあるが、ミッドウェー海戦、レイテ沖海戦、ガダルカナル戦、沖縄戦、インパール作戦など結果は知っていても具体的にどのように戦いが進行したかは知らないものが多い。
失敗の本質では戦の進行を記述してくれているので読むとそのあたりを知ることができる。
正直これらがどのような戦いであったかの記述はウィキペディアを見ればわかるのだが、今回知る機会を得られたのは良かったと思う。

失敗の本質を読んで強く感じたのは、日本人としてこの大東亜戦争の史実そして敗戦の原因は知っておくべき内容ではないかということだ。
今の日本の形となった大きな分岐点としての大東亜戦争の敗戦。
感覚的話になってしまうが、それは今の日本という流れの中で無視できないものでありまた学べることが非常に多いものではないかと感じている。
失敗の本質は史実と分析が記述されているので、大東亜戦争を知るという意味で良い本の1つだと思う。

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
(1991/08)
戸部 良一、寺本 義也 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Sony RX1昼撮りレビュー

前回RX1のレビュー記事を書きましたが、昼の写真がなかったので追加。

新宿駅
新宿駅 posted by (C)kitonz

サザンテラス
サザンテラス posted by (C)kitonz

甲州街道沿い
甲州街道沿い posted by (C)kitonz

明治神宮内
明治神宮内 posted by (C)kitonz

明治神宮西参道
明治神宮西参道 posted by (C)kitonz

クリスマス仕様?
クリスマス仕様? posted by (C)kitonz

雨後晴れ
雨後晴れ posted by (C)kitonz

プレート
プレート posted by (C)kitonz

逆光
逆光 posted by (C)kitonz

代々木
代々木 posted by (C)kitonz

陽の光の微妙な階調があらわれていることと暗部がよく描写されている。
解像感も高いし歪曲収差も補正のおかげか気にならない。
(アップロードしている写真はリサイズの影響か解像感が落ちているように感じられますが)
やや逆光に弱い気もするがRX1は本当に描写全般素晴らしい。(逆光に弱いのはレンズ保護フィルターのせいかもしれない)
ただちょっと使ってみて欠点も見えてきたので今回はその辺りについても触れてみる。

RX1は描写は素晴らしいし小型軽量で取り回しも楽なのだけど、快適に撮れるかというとそうではない。
快適に撮れない原因としては、α(一眼)と比べた時のAFの遅さであったりマニュアルピントの掴みづらさであったりといった全体的な使いづらさのせいだと思う。
ただAFが遅いといっても普通のコンデジ並みにはあるしマニュアルピントについてもAFがそこそこ正確なのでそうそう使わなくても問題ないという点では、割りきって使えば気にならなくはなるだろう。
RX1はフルサイズの映像素子、価格もα99並ということでα(一眼)と同じような使い勝手を想像してしまうが、比較をしてしまうことで粗が感じられてしまうのだと思う。
RX1がサイバーショットブランドなのはレンズ交換ができないからと思われるが、それとは別にこの辺の使い勝手も含めてあくまでサイバーショットつまりはコンデジクラスのカメラといえるだろう。

RX1の描写はフルサイズα並と思われるが使い勝手もα並と考えて購入するときっとがっかりするだろう。
このがっかりする部分があるからこその小型軽量でフルサイズ描写を手に入れることができるといえるが、小型軽量に絶対的魅力を感じなければα99を買ったほうがいい。
それほどまでに使い勝手に絶対的な差がある。
ただ小型軽量にこだわるのであれば、RX1は最高に満足できるサイバーショットのフラッグシップだと思う。

ソニー デジタルスチルカメラ Cyber-shot RX1(35mmフルサイズCOMS) DSC-RX1ソニー デジタルスチルカメラ Cyber-shot RX1(35mmフルサイズCOMS) DSC-RX1
(2012/11/16)
ソニー

商品詳細を見る


ソニー デジタル一眼カメラ α99 ボディ SLT-A99Vソニー デジタル一眼カメラ α99 ボディ SLT-A99V
(2012/10/26)
ソニー

商品詳細を見る

Sony RX1は価格なりのカメラ

カメラの画角で最も好きなのは35mm
これだけで街撮りから旅行まで対応できる35mmはそんな万能画角だと個人的には思っている。
写真として世界を切り取る時に28mmだと広すぎるし40mmだとちょっと狭い、35mmだとちょうどいいところをついていると感じるのだ。

ようは何が言いたいかというと、そんな万能35mmレンズフルサイズコンデジRX1を買ってしまったということだ。(RX1はちょっと大きくて、コンデジというのは賛同しかねるが)
35mmフルサイズのRX1は、その性能によっては今後数年を戦っていけるカメラになると思う。
今回はそんな期待をこめて買ったRX1の試し撮りです。

東京芸術劇場
東京芸術劇場 posted by (C)kitonz

垂れ
垂れ posted by (C)kitonz

椅子
椅子 posted by (C)kitonz

がらん
がらん posted by (C)kitonz

ふくろう
ふくろう posted by (C)kitonz

ターミナル
ターミナル posted by (C)kitonz

通り
通り posted by (C)kitonz

試し撮りというのに室内か夜の写真しかないというアンバランスさ。
ただこのような場面で使ってみるとRX1の開放付近での解像感の高さと高感度処理の破綻の少なさがよく分かる。
光が少ない場面が多い中ISOを上げたくないと言うことでF2.2を多用して撮っている。
ただF2.2でも驚くほど解像感が高い。
またISOも等倍鑑賞しないかぎりは6400まであげてもディティールが残っているしノイズも少ない。
ISO値別の比較はしていないのでなんとも言えない部分はあるが、6400では若干コントラストの低下がみられるかもしれない。
ただそんなに気になるレベルではないと思う。

このような RX1の開放付近での解像感の高さと高感度処理の破綻の少なさは、今後数年を戦っていけるカメラとなれることを示していると思う。
さすがに日中写真の試し撮りなしで断言することはできないが、室内や夜での利用においてはRX1は本当に素晴らしい。

こう言ってしまうとあれだが、高いだけのことはある。

ソニー デジタルスチルカメラ Cyber-shot RX1(35mmフルサイズCOMS) DSC-RX1ソニー デジタルスチルカメラ Cyber-shot RX1(35mmフルサイズCOMS) DSC-RX1
(2012/11/16)
ソニー

商品詳細を見る
プロフィール

kitonz

Author:kitonz
初めまして。

訪問者
kitonzフォト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
kitonzチェック
RSSフィード
ログ

無料レンタル

ロールオーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。