スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HMZ-T1買って使ってインプレッション

HMZ-T1を手に入れるまで長かった・・・予約してから4ヶ月も待った。
HMZ-T1については以前ソニーストアで試した感想を書いていますが、今回は実際に買って使ってみての感想になります。

SONY 3D対応ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T1SONY 3D対応ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T1
(2011/11/11)
ソニー

商品詳細を見る

まずHMZ-T1の最大にして唯一の魅力についてですが、それは圧倒的映像表現だと思います。
HMZ-T1は0.7型のHD有機ELディスプレイ2つ(右目用と左目用)を採用しています。
これをレンズで拡大して見ることで大画面のディスプレイとして見られるというものです。
こうやって言葉で書くと大したことないように感じられますが実際使ってみると大画面の迫力、発色のクリアさに圧倒されます。
特に大画面という点は自分の想像以上に素晴らしいものでした。
今まで37インチのフルHDディスプレイを使ってましたが、ソースがフルHDだとしても情報量で言えばHDのHMZ-T1の方が上です。
それほどまでに大画面になった時に得られる情報が多い。
またゲームをする際の迫力も圧倒的です。
シューティング系のゲームをすると別のゲームに感じられるほどHMZ-T1が表現する世界は凄いものがあります。
HMZ-T1は3D対応なので3D映画(塔の上のラプンツェル)も見ましたが、3Dを体感できつつまったく違和感がない。
Nintendo 3DSなどよりも遙かに自然です。
3Dの有用性については置いておくとしても、これだけ自然に3Dが表現できれば3Dも良いなと思えます。

最大にして唯一の魅力が映像だと書きましたが次に欠点についてです。
欠点は大きく2つあります。
1つは装着負荷が高すぎること。
HMZ-T1は構造上頭とおでこで機器を固定し、そこで重量を支えます。
この圧迫感はかなり高く、30分から1時間ほどでおでこが悲鳴をあげます。
使用中に微妙に位置をずらすなどすれば2時間映画を見終わるまで使うことは可能ですが、逆に言えば同じ状態で2時間はとてもおでこが持ちません。
それほどまでに痛くなります。

そもそも何故こんなことになってしまうかというと、その理由の1つにHMZ-T1のスイートスポットの狭さがあります。
HMZ-T1は0.7型ディスプレイをレンズで拡大して見るという構造になっていますが、映像をクリアに見える位置は非常にシビアです。
縦横どちらでもわずかにずれただけで像がぼやけます。
このぼやけるという事象は深刻な問題で、映像を見ていると気づかない程度のぼやけ方でもそのまま見ていると気分が悪くなってくるのでとにかくぼやけないようにする必要があります。
そのためにはHMZ-T1をしっかりと固定する必要がありますが、しっかりと固定するとおでこが痛くなるわけです。
これはもう構造上の欠陥といっていいレベルの話だと思います。
しっかり固定しなければいけない機器で、どうやったらあの堅くて小さいおでこパッドをつけようという発想になったのか謎です。

2つめは周辺部がぼやけて見えること。
これは個人差があるかもしれませんが、中央部は非常にクリアでフルHDじゃなくても十分と思えるほどなのですが周辺部は文字が読み取りづらいほど非常にぼやけて見えます。
この原因もレンズの大きさ及び位置の微調整ができないことが原因だと思います。
何度も書いていますがHMZ-T1は0.7型ディスプレイをレンズで拡大して見るという構造です。
そのためレンズはディスプレイ全体をしっかりと拡大する必要がありますが、HMZ-T1のレンズは周辺部までしっかり拡大する能力が不足していると思われます。
ただそれでも位置さえ左右個別に微調整できればそこそこ高いレベルで拡大できると思われるのですが、HMZ-T1は何を血迷ったかレンズの調整は左右で連動かつ段階的調整になっています。
これだけスイートスポットを的確に指定しなければ真価を発揮できないどころか害悪になりかねない機器で、おおざっぱな調整しかできないというのは致命的だと思います。
これも構造上の欠陥といっていいレベルでしょう。

HMZ-T1は圧倒的映像表現と共に圧倒的欠陥を持った機器です。
生半可な気持ちで買うと間違いなく後悔するでしょう。
構造的欠陥からTVのように気軽な視聴はできませんし、目への負担も大きいです。
普通に勧めるなら間違いなく40インチ前後のTVにした方がいいと思います。
しかしながらHMZ-T1でしか体感できない世界もあるので、あえて勧めるとすればHMZ-T2をお勧めします。

追記
HMZ-T1でこライフハック


ソニー 3D対応地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ BRAVIA HX820シリーズ 55V型 KDL-55HX820ソニー 3D対応地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ BRAVIA HX820シリーズ 55V型 KDL-55HX820
(2011/04/30)
ソニー

商品詳細を見る
スポンサーサイト

新しいiPadを手に入れたのでその感想

新しいiPadを買ったのでその感想を書いていきます。

新しいiPad、箱を開けて最初に感じたのは普通だなということ。
ただ手にとってみるとそれが感動に変わった。
この手に吸いつくような感じはなんだ!
そして相変わらず美しい!
噂のReitinaディスプレイを見る前に感動してしまう程に素晴らしいものが自分の手の中にあった。

次に設定を終えてディスプレイを見てみると本当に綺麗。
特にpdf文章などをみると今までのiPadであれば拡大しないと読みづらかったものが、拡大せずともそのままのレイアウトで読める。
これを期待して買ったので期待通りの結果で最高だ。

動作についてはあらゆるものがストレスなく動く。
アプリの動作も切り替えも文字入力も快適だ。

唯一不満があるとすれば重いこと。
長時間持って使用するとそれなりに負担がかかる。

総合的には素晴らしい製品だと思う。
ハードウェアとしての製品の完成度、ソフトウェアとしての製品の完成度は秀逸だ。
完成された製品のレベルをあげてまた完成させたような製品、それが新しいiPadだと思う。
話題にする大きな特徴はないが、全体として素晴らしい製品であり買うに値するものだと思う。

とまぁざっと使ってみての感想は以上だが、今回の新しいiPadで思ったことについてもちょいと書いてみる。
今回iPadのリリースとほぼ同時期にMacのiLife関連のiPhotoとGarageBandのiPad版がリリースされた。
この事でついにiPadは個人ユースのPCを置き換えるのではないかと感じた。
何故ならiPadで動画、写真、音楽編集が可能になったからだ。

今までiPadはWebをみたりゲームをしたり音楽を聞いたりと何かを消費する方向での利用がメインだった。
しかしiMovie、iPhoto、GarageBandが揃ったことで何かを作り出す方向で使うことが可能になった。
はっきりいうと、PCでやってきたことがiPadでも可能になったのだ。
さらにいうならiPadは持ち出しが容易でカメラもついている、PC以上の使い方でさえも可能なのだ。

厳密にいえばPCにしかできないこともあるし、現時点での使い勝手や保存容量の小ささなどの問題はある。
だが、一般的に必要とされる機能は代替できるだけの製品になったと思う。
タブレットがPCを置き換えるという話は以前からあるが、実際の製品としてはこのiPadがその始まりとなるような気がしている。

PS3 機動戦士ガンダムUC やってみた

思ったより良くわない。
いやガンダムUCという名前を冠していることを考えるとむしろひどい出来だと思う。

何がひどいかってユニコーンモードというストーリーを追う部分がひどい。
ストーリーは各キャラクターの視点から時系列で展開されていくのですが、細切れのムービー(紙芝居)に分かれており1つ終わったら選択、また終わったら選択と非常にめんどくさい。
さらに話の流れではなくキャラクターの思いが描かれるため話の流れがつかめない。
UCを知らない人には話が何が何だかわからないと思う。
知っている人にとっても流れとして楽しめないのでまったく気分が乗ってこない。
本当にひどい。
アクションゲームについてもBGMがオリジナル(ストーリー部分も)だったり、MSとの距離感がつかみづらかったりと(これは下手だからかもしれない)悪くはないがUCとして考えるとイマイチの出来。

このゲームはとにかくあのUCの世界観にのせてくれることを期待してやっているのにストーリーが台無しというのはとにかく痛い。
UCは話とBGMが噛み合うことで素晴らしいものになっているのにゲームは何も噛み合っていないのが非常に残念だ。

機動戦士ガンダムUC (特装版)機動戦士ガンダムUC (特装版)
(2012/03/08)
PlayStation 3

商品詳細を見る

「青みゆく雪」1巻の感想

うさぎドロップで有名な宇仁田ゆみさんの青みゆく雪の感想です。

感想は

青くんなんてうらやましいんだ!

の一言です。

中国からの留学生の青くんは雪子さんのことが好きだけど、日本語勉強中で気持ちがちょっと変に伝わってしまう。
このちょっと変に伝わるところを笑いで描いているのがこの作品です。
そんな中でも青くんと雪子さんは良い関係を築けているのだからなんともうらやましい話。

作品としてはそんなに笑える話でもないし、恋愛の要素がうまく描かれているわけでもない。
日常系ののんびりとした展開をする話になっています。
日常系の話を楽しめ、青くんのうらやましさに耐えられる人は読んでみる価値があるかもしれません。

青みゆく雪 1 (ビッグ コミックス)青みゆく雪 1 (ビッグ コミックス)
(2011/09/30)
宇仁田 ゆみ

商品詳細を見る
プロフィール

kitonz

Author:kitonz
初めまして。

訪問者
kitonzフォト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
kitonzチェック
RSSフィード
ログ

無料レンタル

ロールオーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。