スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シンプル ノット ローファー」 の感想

「シンプル ノット ローファー」
読んだ時かなり気に入ったので感想を書こうと思っていたんだけど、書けていなかった(と思う)作品。

シンプルノットローファーシンプルノットローファー
(2009/05/20)
衿沢 世衣子

商品詳細を見る

話としては女子高生の日常を描いたもので、特徴としては短編連作的な展開(ちょっと微妙だけど)がある。
話の主人公となる女子高生はそれぞれの話で違っており、1話1話がそれぞれの女子高生の日常を描いている。
そこで描かれる日常は、高校生として本当にありえるような話で、舞台は女子校だけど女子校特有の何かというより、高校生という子供の純粋さが描かれていると思う。
今自分が大人になってみると何であんなことに熱中できていたんだろうというような、よく言えば純粋、悪く言えば(?)アホな世界がこの「シンプル ノット ローファー」ではとてもうまく表現されている。

読み終えた後に、高校生の頃が懐かしくなる感情がわき起こるこの作品は、社会人以上(少なくとも高校卒業後)の人にお勧めです。
スポンサーサイト

ブレイクブレイドの漫画とBD読んだり見たり

Yahooコミックで、ブレイクブレイドの単行本第一話が無料で読めるようになっていて、読んでみたら結構面白そうだったので、単行本を全巻(今出ている8巻まで)買って読んでみた。

ブレイク ブレイド 1巻 (Flex Comix)ブレイク ブレイド 1巻 (Flex Comix)
(2007/04/10)
吉永 裕ノ介

商品詳細を見る

まず全体の感想としては、予想以上におもしろかった。
どこがおもしろいかというと、魅力的なキャラクターが多く登場する所だ。
魅力的なキャラクターについては現れては退場というパターンが多く、なんてもったいない使い方を!と思ったりするのだが、誰かが退場してもまた別の魅力あるキャラクターが現れるので、魅力的なキャラクターという存在が途切れることがない。
これはほんとすごい。
これに対してストーリーや設定といったものはそこまで特出したものはないと感じられるが、全体としては補ってあまりあるものになっていると思う。

内容としてはあくまで戦争ロボット物(?)なので、このジャンルに抵抗がある人には勧めないが、抵抗ない人には結構オススメな作品。


で、あまりに漫画が面白かったので、BDも買ってしまった。

劇場版 ブレイク ブレイド 第一章 覚醒ノ刻 [Blu-ray]劇場版 ブレイク ブレイド 第一章 覚醒ノ刻 [Blu-ray]
(2010/07/23)
保志総一朗斎藤千和

商品詳細を見る

中身は漫画にほぼ忠実で映像も綺麗。
初めはややライガットの声に違和感があったり、話のテンポがやや早いと感じる所があったが、よく出来ていると思う。
ただ、話としては2巻の途中までと序章的な内容までとなっているので、視聴後はここで終わりなのかと感じると思う。
全6巻ということなので見るなら6巻揃ってから見るのがいいかもしれないが、初回版にはスリーブケースが付いており、そのケースの絵がなかなか素晴らしいので欲しいと思うなら早めに買っておいた方が安全かもしれない。(上の画像(記事を書いた時点の)がそのケース)

m2TVを買ったら使えなくて愕然とした

MacでTVの視聴と録画、さらにはiPhoneへの録画番組の転送をするためにUSB接続の地デジチューナーを買った。
買ったのはm2TVというI-O DATAの製品。

I-O DATA Mac用 USB接続 地上デジタル対応TVキャプチャBOX「m2TV」 GV-MACTVI-O DATA Mac用 USB接続 地上デジタル対応TVキャプチャBOX「m2TV」 GV-MACTV
(2008/10/30)
アイ・オー・データ

商品詳細を見る


で、早速Mac miniに繋げてみたところ外部ディスプレイは使えませんの文字が出現。
そこで色々調べてみると、対応機種はiMac、MacBookPro、MacBookとなっており、

Mac miniがない!

おそらく著作権関連の問題で、外部ディスプレイが必要となるMac miniやMacProには対応していないのだと思われる。
新しいMac miniはHDMIによるHDCPに対応しているので、そんなことまったく考えていなかったのだが油断した.。
普通に考えれば新しいMac miniが出るより前の製品なので、対応していない可能性も思い浮かべるべきだったんだけど・・・

というわけで、まったく使えない地デジチューナーを結構な金額払って買ってしまったとさ。
はぁ・・・

花咲ける青少年

今年の4月ぐらいからNHK地上波で放送(去年BSで放送されていたらしいので再放送)されている花咲ける青少年。
春アニメで継続視聴できた作品がほとんどない中、継続視聴ができているという個人的に貴重な作品です。
そんな花咲ける青少年は今12話まで放送されていますが、全39話ということでまだまだ前半戦、しかし続きは気になってしょうがない。
そんな時にまさかの本編放送まで1ヶ月の空きがでる(テニスやら(?)総集編やらで)という状況になってしまったので、これはもう我慢できないということで原作の漫画を買って一気読みしてしまいました。


花咲ける青少年 1 愛蔵版 (花とゆめCOMICSスペシャル)花咲ける青少年 1 愛蔵版 (花とゆめCOMICSスペシャル)
(2009/02/19)
樹 なつみ

商品詳細を見る


花咲ける青少年は少女漫画です。
しかし内容は恋愛がどうとかこうとかというよりは、運命に立ち向かう少女あるいは運命に翻弄される少年少女というような部分が中心で、恋愛部分はとってつけただけとも言える程度になっています。
それに加えて複雑に絡み合う人間関係もあり、少女漫画らしい主人公とこの複雑な物語が非常にマッチしており読み応えがある作品です。
個人的には難しくなりそうな政治的な話を持ち出しつつも、実質的にはその部分に深くは触れず、主人公に関わる部分だけに触れたことで難しさを出しつつもライトに読めるというのが非常に良かったと思います。

お勧めの作品というわけではありませんが、個人的にはとてもおもしろかったちょっと書いてみました。


P.S
花咲ける青少年の著者は樹なつみさんという方で、この方はあの八雲立つの著者でもあるようです。
まぁ聞いたことがあるだけで読んだことはないんですが。

八雲立つ 第1巻 (白泉社文庫 い 1-18)八雲立つ 第1巻 (白泉社文庫 い 1-18)
(2008/07/15)
樹 なつみ

商品詳細を見る
プロフィール

kitonz

Author:kitonz
初めまして。

訪問者
kitonzフォト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
kitonzチェック
RSSフィード
ログ

無料レンタル

ロールオーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。