スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエスタデイをうたってEX ~原点を訪ねて 冬目景 初期短編集~

イエスタデイをうたってEX。
またも出てるのをまったく知らないでいたのですが、久々にブログを更新したおかげかコメントで情報を教えていただけたので、早速で買ってきました。

まず全体の感想としてはこりゃやばい、です。
イエスタデイをうたってというより副題にあるとおり、原点を訪ねて 冬目景 初期短編集な作品ですが、イエスタデイをうたってについての冬目景さんへのインタビューやこのために書き下ろされたカラーイラスト、2色刷の雑誌原稿の再現、簡単なキャラクター紹介(最近活躍してる人物のみ?)、初期短編集についてのインタビュー、さらに初版ならシール(ハルとしな子)付き。
いったいどんだけ豪華なんだという感じです。

初期短編の大半は短い話が多く(数ページ)、話を読むというより空気感というような情感を読むという感じの作品のように感じます。
このへんは冬目景さんの真骨頂といわんばかりの感じで、とてもいい空気感になっていると思います。

読み切り作品は田中02とサイレンの棲む海。
田中02は特にこれがというものはないんですが、普通におもしろかったです。
自分が予想した結末と違う形になりましたが、違くてよかったです。
サイレンの棲む海は今回完全版が収録されていますが、前に完全版の方と雑誌掲載版の両方を読んだことがあります。
ただ読んだことはあるのですが詳細には覚えていないので、その時感じた違いを簡単に書くと、どちらにも一長一短ある感じで両方のいいとこどりをしたものが一番いいように感じていました。
ただ、どちらか片方なら完全版の方が好みでした。
その理由としては雑誌掲載版には冬目景さんらしくないと感じる言い回しがあったからです。
ちなみにこのこととはあまり関係ありませんが、今回この完全版を読み直してみたところ、ハヤセの人物像が自分の中でより明確になったと思います。

最後に初期短編の中からお気に入りの話をあげると、
縁側の人、あつあつ、石を買う、雨ノ中泳グ、サイレンの棲む海
です。
ちょっと多いですが、どれも気にかかる要素があって気に入っています。

イエスタデイをうたってEX~原点を訪ねて 冬目景 初期短編集~イエスタデイをうたってEX~原点を訪ねて 冬目景 初期短編集~
(2009/11/20)
冬目 景

商品詳細を見る


以下ネタバレあり。
気に入った理由(?)について

縁側の人
ただ黙ってそこで見ているだけですが最後に咲くのがなんとも。

あつあつ
あつあつというタイトルがなんとも。

石を買う
彼女の悲しみはなんだったのか。

雨ノ中泳グ
彼と彼女の気持ちの違い。

サイレンの棲む海
同じ思いを抱えていても(抱えているから)交わらない二人。

スポンサーサイト

AKG K370使用感

Apple In-ear Headphones with Remote and Mic MA850G/AApple In-ear Headphones with Remote and Mic MA850G/A
(2008/12/26)
アップル

商品詳細を見る

ここのところずっとiPhoneではApple in-earイヤホンを使っていました。
正直音質はいいとも悪いともいえないそこそこな感じなんですが、マイクやら音量調整やら曲送り用のリモコンが付いていて、かなり気に入っていました。
ところが先日左側のイヤホンからの音の出力が下がるということが起こり、このまま使い続けるのが困難になり、渋々新しいイヤホンを買うことに決めました。

しかしいくら気に入っていたとはいえ、どうせ買い換えるなら今と同じイヤホンではつまらないということで、別のよさげなものがないかと物色を始めたのですが、これが以外と見つからない。
条件としてはマイク機能のリモコンが付いていることと、2万円以内であることが必須、そしてリモコンに音量調整機能があり、1万円以内であればなおよし。
という条件で探したのですが、必須条件ではなんとか数点見つかるものの、なおよしの条件では皆無。
というか、リモコンに音量調整機能が付いているものはApple in-earぐらいしか見つからない状況で、一瞬もう同じのでもいいかとも思ったのですが、やはり同じではつまらないと思い直し、また物色することにしました。
最終的にはBOSEのin-earと今回買ったので迷ったのですが、最後は自分の直感で選んでみました。

選んだのはこいつ。
ハーマンインターナショナル(AKG) マイク付きカナル型ヘッドホン AKG K370シルバーブラック K370SILVERBLACKハーマンインターナショナル(AKG) マイク付きカナル型ヘッドホン AKG K370シルバーブラック K370SILVERBLACK
()
ハーマンインターナショナル

商品詳細を見る

AKG K370。

前置きが長くなりましたが、ついに本題の使用感。
使用感と言ってもまだマイクは使ってないので、主に主観の音質などについて一週間使ってみた感想になります。

音質は高音の強さと音場の広さとなかなかの解像感が目立ちます。
この辺はApple in-earと比べると結構衝撃的で凄いと思えた部分です。(直接聴き比べてはいませんので感覚的ですが)
ただこの部分が目立つせいなのか、中音と低音がやや弱く感じられ少し不満も感じます。
特に低音はApple in-earの方が音が聴き取りやすいように感じました。

リモコンに関しては音量調整が使えないのがやはり不便ですが、再生停止や曲送りはできるので、まぁなんとか許容範囲内という感じです。

今回イヤホンは必要に迫られて買った感じな上、結構な出費だったので買ってもあまり嬉しくないという部分が少なからずありましたが、イヤホンの性能としては結構いい感じに思っています。
Apple in-earとの価格差、機能差(音質ではなく音量調整機能)を考えると正直微妙に思えなくもないですが、音場の広さや音の解像感といったものはApple in-earにはない良さで結構気に入ってもいるので、一応納得の買い物かなと感じています。
ちなみにこの他で唯一気になる部分(そしてかなり重要に)としてはイヤホンコードが脆そうというのがあります。
基本的にイヤホンはずっと使い続けてできるだけ出費をしたくないものなので、この部分は以外に重要なのですが、このK370はその部分がかなり不安です。
せめて1年はもってほしいなぁ。

プロフィール

kitonz

Author:kitonz
初めまして。

訪問者
kitonzフォト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
kitonzチェック
RSSフィード
ログ

無料レンタル

ロールオーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。