スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計 その1?

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計 ゼルダの伝説 夢幻の砂時計
Nintendo DS (2007/06/23)
任天堂

この商品の詳細を見る

今更ですがゼル伝ことNDSのゼルダの伝説 夢幻の砂時計を買いました。
1日で2本目のゲームレビュー・・・多いな。
まぁレビューといってもほんのちょこっとしかやってないのでさわり程度です。
(ちなみに、剣を手に入れて港に着いたとこまでしかやってません。なんか眠くて・・・)

タッチペンのみで操作が出来るということで、かなりおもしろそうな上に、自由自在にリンクを操れて最高・・・なんじゃないかと思いながらいざプレイ。
実際は結構おもしろくて結構(?)自由自在に操れるなという感じです。
地図にメモを書けるのはかなり素晴らしい気がします。
ただ、なんかダメな部分はかなりダメで正直ストレス感じます。

まず、前転がうまくできない!
右前転をするとしたら、右画面の端から右画面の端へと半円を描けばいいのですが、画面をタッチするとリンクが移動、画面をスラッシュすると剣を振るというイベントが割り当てられているので、それらの意図しない動作が起こったりします。
自分は結構不器用なので、高確率で起こります。
意図しない動作をされるのは相当なストレスですよ。
キー操作ならここまで意図しない動作は起こらないんだろうなぁ。
でもタッチペンで動かす方が楽しそうだし・・・

続いては移動速度が可変であること。
移動は画面をタッチすることで、リンクがタッチした方向へと歩いていくのですが、リンクの近くをタッチするとゆっくりで、遠くだと速く移動します。
目的地が遠いときはまだいいのですが、近いとき(画面に入ったとき)が思いのほかやっかいです。
移動する際に目的地に意識があるので、目的地タッチしちゃうんですよ。
その目的地とリンクが近い場合ゆっくりと移動するので、中々目的地に入れない(実際1秒ぐらいのロスでしょうが、かなり長く感じます)。
これもストレス感じますね。
あとリンクを左下に移動させる際に、メニューボタンが左下にあるので、そこをタッチするとメニューが開いて移動できないってことも起こりました。

・・・なんか全体的に意図しない動作についての不満ばかりですね。
慣れれば気にならなくなるのかもしれませんが、もうちょっと考えて作って欲しかったなぁという感じです。


もっとやりこんだらその2を書くやもしれません。
スポンサーサイト

みずいろブラッド

みずいろブラッド みずいろブラッド
Nintendo DS (2007/06/14)
バンダイ

この商品の詳細を見る

NDSのみずいろブラッドを買いました。
早速プレイして、1日でクリア・・・・早っ!

全体的に・・・なゲームだったかなと。
ブラックユーモアとか最後に感動とかどちらも・・・で、まぁぶっちゃけるとおもしろくないってことなんですけどね。
唯一おもしろかったのはオープニングぐらいでした。
ゲームもストーリーは全40話ぐらい・・・かな? まぁそれくらいあるんですけど、約40回やるゲームも重複してるのが多いし・・・しりとり何回やらせれば気が済むんだとか思いました。
そんなこんなで期待には及ばず。
お手軽に出来る感じは良かったんですけどね。

PCを見た

今日某家電量販店でPCを見てきました。
別に買う予定があるわけではなくなんとなくです。
てきとーに見てきたのですが、印象に残ったPCが3台あります。

Apple MacBook Pro 2.16 Duo/17/1G/256V/120G/SuperDrive DL/Gigabit/AMEx/BT/DVI[MA092J/A] Apple MacBook Pro 2.16 Duo/17/1G/256V/120G/SuperDrive DL/Gigabit/AMEx/BT/DVI[MA092J/A]
(2006/05/31)
アップルコンピュータ

この商品の詳細を見る

1台目はMacBookpro。
いやぁMacBookproはかっこいいですね。
MacBookとMacBookproじゃデザインが全然違って,お金はないのに買うにならMacBookproという気分になってしまいました。
基本的に自分は重量が軽いPCが好きなんですけど、MacBookproはまぁ当然重いのですがMacBookも重いのです。
どちらにしろ据え置き機として割り切って使うことになりそうなので、ならMacBookproでしょと思ったりしてます。

工人舎 SHシリーズHDD40GB WinVistaHomeBasic 黒モデル SH6KB04A 工人舎 SHシリーズHDD40GB WinVistaHomeBasic 黒モデル SH6KB04A
()
工人舎

この商品の詳細を見る

2台目はあちら側の工人舎のUMPCで10万しないやつです。
重量は1kg切るぐらいですが、全体的にコンパクトでいい感じのマシンです。
なんか色々ボタンがついてるのもかっこいい。
しかしこいつは、とにかくスペックが低い。
OSもvistaのHomeBasic。
なにより512MBのメモリというのがなぁ・・・きっと増設できないだろうし。
CPUも600MHzと低速です。
そんなに負荷かけなければ使えそうですが・・・ちょっと不安。

SONY VAIO UX50 ( CoreSolo U1300 512MB HDD30GB 無線LAN)[VGN-UX50] SONY VAIO UX50 ( CoreSolo U1300 512MB HDD30GB 無線LAN)[VGN-UX50]
(2006/05/27)
ソニー

この商品の詳細を見る

3台目はVAIOのtypeUです。
上のは型が古いか、スペックが低いモデルですが形はこんなのです。
工人舎のUMPCよりスペックが高く重量が500g程とかなり素晴らしいPCです。
が、OSがvistaHomePremiumなのでこちらもやはりスペック負けしそうな気がします。
ちなみにこれの最も気になった点はとにかく軽い・・・こと以上に、マウスの操作性が最悪なことです。
とにかくポインティングデバイスが使いづらく、目的の場所にうまくあわせることができませんでした。
ものすごく軽くてものすごく魅力的なんだけど・・・はぁ。

中々最高のPCってないものだなぁ。
でもこの3台はダメだと思う部分もありますが、魅力的な部分もあって、どれも欲しいなぁと思えるPCです。
買えませんけどね。

少女ファイト 第21話

少女ファイトをまた立ち読み。

いやぁなんともコメントのしにくいお話でした。
あまり好みでないというかなんか・・・なぁ。
自分がこんなこというのもなんですが、日本橋さんらしくない話と言うかなんというか。
単に自分の好みでない話だからそう感じてるだけかもしれませんが、なんか違う感じがしますね。
うーん、なんだろな。

旅行計画

旅行に行くのに色々手配したりしなかったり。
ネットで初めて宿の予約しましたけどネットの予約は便利ですね。
某サイトは若干使いづらい感じもしますが、空室状況とか見れて予約できるとことできないとこもわかりますし、詳細検索使えばそこそこ希望の宿が絞り込めますし。
とりあえず今回の旅行は

ザ・貧乏

というコンセプトのもと色々準備したりしなかったりという感じです。

この秋には欠けたりんごがおいしい・・・らしい?

Apple Mac Pro (DualCoreWoodcrest Xeon-2.66GHz×2 メモリ1GB HDD250GB GeForce7300GT 256MB) MA356J/A Apple Mac Pro (DualCoreWoodcrest Xeon-2.66GHz×2 メモリ1GB HDD250GB GeForce7300GT 256MB) MA356J/A
(2006/08/08)
アップルコンピュータ
この商品の詳細を見る

欠けたりんごことapple。
秋にはMacOSⅩレパードが出るとか出ないとか、新しいipodはそんな話題すらあまりないとか。
でもipodはタッチipodになるんじゃないかとかの話があったりなかったり、例年通りなら新しいipodは秋に発表されるんじゃないかとかの今日この頃。

自分は生来のWindowsPC(一部UNIX系)ユーザーなのですが、ちょっとMac触ってみたいなと思ってるわけで、レパードが出たらMACBOOKでも買おうかなと(Proではない)思ってるわけです。(賞与とか期待して、あてこんで)
んでipodtouch?もでたらちょっと欲しいかなとか思ってるわけです。
しかしどちらとも無駄と言えば無駄な買い物で、正直先立つものがあまりないのに買うのはどうかとも思ってるわけです。

MACBOOKはインターフェースが違うとはいえ、PCです。
PCは持ってるので、別にどうしても必要というわけではない。
というかむしろ2台使うのか?という話になります。
ipodtouch?はまぁ今普通に5Gipodを持っているのでこれもいらないかなと。
無線LANとitunesがインストールされているとしたら多少は魅力的(podcastをPCにつながなくても落とせそう)ですが、まぁPCつなぐことぐらい横着するなと言う話なわけです。
話はそれますが、PCのブート時間の長さは正直辟易しますね。
さあPC使うぞという意気込みがないと中々PCが立ち上げられません。

そんなこんなでつまりはどっちもどうしても必要ではないわけです。
となると多額の出費というか負債?を抱えてまで買う価値はあるのかと迷ってしまうわけです。


*写真はMacProです。
appleのサイトでとにかく最高のハードウェア構成をとやってみたら200万円超えました。

ラストエグザイル(LASTEXILE)

ラストエグザイルBOX豪華限定 ラストエグザイルBOX豪華限定
GONZO (2007/11/21)
Viictor Entertainment,Inc.(V)(D)

この商品の詳細を見る

R.O.Dに続きこちらも全話見ました。
どっちも今更な作品ですが・・・

この作品はとにかく映像のクオリティが高かったです。
下手なOVAどころかそこそこのOVAと同等かそれ以上かと。
音楽も良かったですし。
話も素晴らしい出来でよくまとまってたし、内容も良かったです。
ただ最終話に関してはなんでそれ知ってるの?とか25話で話展開させといてええ!的な展開とかアリスは後日談ではあの人と一緒にいるんじゃないのとかモランは・・・ネタばれですが、何で生きてるのとか微妙な部分が多々あったりはしましたけど。
あとエグザイルの存在は・・・・でしたね。

最終話はこんな感じでしたが、とにかくすべてが良く出来てる作品だなと思いました。
エンディングの音楽も好きですし。
ラストエグザイル O.S.T. ラストエグザイル O.S.T.
TVサントラ、SHUNTARO OKINO 他 (2003/06/21)
ビクターエンタテインメント

この商品の詳細を見る

キャラクターデザイン原案はあの村田蓮爾さんですし。
ラストエグザイル~エアリエルログ~ ラストエグザイル~エアリエルログ~
村田 蓮爾 (2005/02/23)
MdN
この商品の詳細を見る

アル、ソフィア、アリス、タチアナとか最高ですね。
これは性格も含めてです。
TVシリーズ26話通してこんな作品を作ったのはほんとに凄いと思います。
ただ、シンプルな作品ではありますが、見る人は選ぶかもしれません。
とにかく素晴らしい作品だとは思いますが、そういう意味で一般的にはあまり評価されない作品かもしれません。

R.O.D -THE TVとR.O.D―READ OR DIE YOMIKO READMAN“THE PAPERとOVA

R.O.D -THE TV- vol.1 R.O.D -THE TV- vol.1
羽音たらく、斎藤千和 他 (2003/10/22)
アニプレックス

この商品の詳細を見る

R.O.D -THE TVを全話見ました。
まぁ結構おもしろかったです。
R.O.D -THE TV” (集英社スーパーダッシュ文庫) R.O.D―READ OR DIE YOMIKO READMAN“THE PAPER” (集英社スーパーダッシュ文庫)
倉田 英之、スタジオオルフェ 他 (2000/07)
集英社

この商品の詳細を見る

小説はR.O.D―READ OR DIE YOMIKO READMAN“THE PAPERこの1巻だけ読みました。
こちらも結構おもしろかったです。
ただ一番面白かったのはOVA版だと思いました。

これらのTV版、小説版、OVA版は話がリンクしています。
特にTV版とOVA版は密接にリンクしていて、TV版を見る前にOVA版を見ていないと作品の見方、おもしろさ、見解といったものが激しく異なったものになると思います。
作品の時間軸は

小説 → OVA → TV

です。
小説は1巻しか読んでないので、2巻以降はどうなのかはわかりませんが・・・

これらを見て、読んで、作品を見る、読む前提として思ったのは以下の3点です。
1.TV版を見る前にOVA版を見ることは必須である。
2.TV版を見る前に小説版を読めるなら読んでおいたほうが良い。
3.OVA版と小説版のみなら単体で楽しめる。

個人的にはこう思いました。


小説もしくはOVA版から見ると読子ファンになりやすいと思います。
自分はそうです。
そのため、TV版で読子のビブリオマニアっぷりが見れなかったのは残念でした。
TV版は後半の展開に一部違和感を覚えたりもしましたが、小説、OVA、TVの時間リンクは見事で、そこについてはすごいと思いました。
それがあってか全体としてはおもしろいというかすごい思いました。

最後に、
作品のオススメはOVA版です。
間違いなく。

R.O.D(OVA?)、ゲド戦記、貧乏姉妹物語

R.O.D-READ OR DIE- 第1巻 R.O.D-READ OR DIE- 第1巻
三浦理恵子、根谷美智子 他 (2001/05/23)
SME・ビジュアルワークス
この商品の詳細を見る

OVA版になるのかな?全3巻を見ました。
かなりおもしろかったです。
製作に羽音たらくさんとか岩崎啄さんとかがかかわっていることに驚き。
なんかありそうでなさそうなジャンルというかそこそこ新鮮な感覚。
全体的な映像と音楽もかなり良い。
ただまとめ方は王道というかわかりやすい感じです。
R.O.DとはRead or Die。
Read以外は作品とあまり関係ない気がしますが・・・
本が大好き少女?女性?の本好きっぷりが、表情が、最高に素晴らしい。

ゲド戦記 ゲド戦記
宮崎吾朗 (2007/07/04)
ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント

この商品の詳細を見る

・・・最悪。
たぶんこれゲド戦記読んだことない人にはあまりよく分からない作品かと。
分かったとしてもゲド戦記という話の本質は分からないんじゃないかと思います。
たぶんというかたしかというかこのゲド戦記は、原作のゲド戦記の3巻にあたると思います。
そして、このジブリ版ゲド戦記の内容を理解するには最低でもゲド戦記の1巻を読んでないといけない気がします。
そして当然ですができれば2巻も読んでいて欲しい。
というか、そもそもいきなり3巻を映画化するのは無理があるんですよ。
エンターテイメント性を重視するなら内容、登場人物ともに3巻はベストチョイスなんですけど・・・・やっぱ無理でしょ。
まぁあくまでエンターテイメントということならいきなり3巻で楽しめるように作るのもありかと思いますが、ゲド戦記の原作の良さがまったく出せないので・・・残念です。
これなら映画化なんてして欲しくなかったと思いました。
そもそもジブリ版ゲド戦記のテーマを取り扱うなら、正直ゲド戦記1巻の方がいいと思いますよ。
1巻のサブタイトル「影との戦い」が示すように。
ちなみに5巻は読んでませんし、4巻までもだいぶ前に読んだのでここの内容に多少勘違いがある可能性があります。

貧乏姉妹物語 1 通常盤 貧乏姉妹物語 1 通常盤
高村和宏、和泉鶴 他 (2006/09/27)
エイベックス・トラックス

この商品の詳細を見る

なんだろう・・・悪くはないんだけど・・・合わないのかな・・・
ハートフルな感じはいいんだけどちょっと姉妹がべったりしすぎてて、正直見てるのがしんどい。
悪くはないんだけど・・・ちょっとなぁと思いました。

ちゃんとしたRSSリーダーを使ってみることに

自分で作ったかなり使い勝手の悪いRSSリーダーではなく、ちゃんとしたRSSリーダーを使ってみたい、ようは効率よく使いたいということで探してみました。
googleでそれらしきものがあるかなと思ったのですが、ありそうでないようであるみたい(古いベータ版は見つけた)です。
古すぎて使う意欲がいまいち沸かないので、他を探すことに。

ちなみにRSSリーダーにはブラウザとかアプリとかなんやらとかなんとかとか色々種類があるみたいですが、とりあえずアプリ版を探してみました。
いくつか見つかった中から見た目の雰囲気とかから選んだのが

glucose2

というRSSリーダーです。
ほんと見た目が気に入りました。
ちょろっと使ってみたのですが、そこそこ実用的で操作性、画面レイアウトに多少不満はあるもののいい感じです。

ちなみに不満はあるものの、よくできているというかすごいアプリだなぁと思います。
素人の俺が言うのもなんですけどね。

携帯電話ってすごいなぁ

携帯電話の凄さにやっと気付きました。
携帯電話って何気にブログ読めるしニュース系サイトも見れたりします。
しかも大抵どこでも見れるってのが凄い。
暇つぶしと言うかちょっとした調べものとかブログチェックがそこそこできるので結構事が足ります。
正直これならスマートフォンとかいらないかも。
はてなもポケットはてなできましたし。
ポケットはてなはほんといいです。

FC2はやってないみたいですが
PCサイト向けブログを携帯用に変換してくれるのとか素晴らしい。
というか正確に言うとFC2でもやってくれるんですが、なんと検索ができないという致命的な欠陥が。
FC2の携帯サイトからだとランキング上位のブログしか見れません・・・これどうよ・・・。

なんか眠くて思ったことてきとーに書きました。
今日は以上です。

安倍さんの画集「垓層宮」、そして思ったこと

垓層宮 垓層宮
安倍吉俊 (2007/07/31)
ワニマガジン社

この商品の詳細を見る

安倍さんの今までの集大成というか軌跡の画集垓層宮を買いました。
5040円という値段に驚きましたが、それ以上に外箱そして何より内容に驚きました。

外箱は横からスポっと画集を抜くタイプではなく、パカッと開けるタイプでこれを見た瞬間にす、すごいと感動しました。
さすが5040円。
画集自体はハードカバーで紙質はなんとなく
yoshitoshi ABe lain illustrations yoshitoshi ABe lain illustrations
安倍 吉俊 (2005/09/05)
ワニマガジン社

この商品の詳細を見る

こちらのlainの画集の方が個人的には好きです。
ちなみに自分の持っているlainの画集は安倍さんのサイン入りです。
2時間ぐらい並んで貰った記憶があります。

中の絵に関しては、ここでは特に書きません。
何を言葉にして書くべきなのかが自分でも分からないので。
必要ないというとちょっと違うのですが、言葉にまとまらないし、まとめたいとも思わないと言ったところですかね。
ただ1つだけ書くと、薬局のポチ山さんの3巻表紙の絵はさすがに載ってませんでした。

この画集で一番驚いたのは、安倍さんの絵に対する考え方の文章です。
失礼なことかもしれませんが、自分の中で安倍さんというのは、なんとなく絵を描いているというか、描けているような感じがしていました。
よく言えば天才ですし、悪く言うなら気持ちがこもってない。
何故こんな風に感じていたかと言うとそれは、安倍さんのブログが理由だと思います。
安倍さんのブログは非常に軽快なノリで書かれていることが多く、安倍さんの絵の重厚さとは少し異質な風に感じてました。
だから安倍さんの絵は安倍さんの考え方とは直結しておらず、天才的というかなんとなくというかそんな風に描いていると思っていたわけです。
灰羽連盟に関しては、ある思いの元書いているという風な文章を、画集のあとがきであったり脚本集であったりで、ある程度は知っていたものの、それは脚本にかかっていて絵にはかかっていいないと思っていました(今考えると変な話だが)。
グリの街、灰羽の庭で―安倍吉俊灰羽連盟画集 グリの街、灰羽の庭で―安倍吉俊灰羽連盟画集
安倍 吉俊 (2003/12)
角川書店
この商品の詳細を見る

自分は今まで安倍さんの絵にある違和感があった。
それは安倍さんの絵にはどこか統一性がないような感じというものだった。
絵としては統一性というか、1つの世界があるのだが、そこには何かその絵とは違う異質な雰囲気みたいのが安倍さんの絵の大半にあった。
この垓層宮に書かれている安倍さんの文章を読むと、安倍さんがある思い、考えの元で絵を描いてきたことがわかる。
そして安倍さんが絵に込めていたものがわかる。
それこそが自分が安倍さんの絵に感じていた違和感の正体だったのだと思う。

最後に、自分が言うのも変ですが、これからも頑張ってください。


垓層宮の帯裏です。
gaisokyu.jpg


ジャンルを何にしようか迷いましたが、とりあえず漫画にしました。
プロフィール

kitonz

Author:kitonz
初めまして。

訪問者
kitonzフォト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
kitonzチェック
RSSフィード
ログ

無料レンタル

ロールオーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。