スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登山入門日記4(八王子城山~景信山~高尾山)

足の指先と膝が痛いという苦行の山行への対応案(登山入門日記3)を試す時がきた。
今回は前回より距離を延ばし、八王子城山~景信山~高尾山の山行とした。
この距離で痛みがなければ今の登山靴で問題ないし痛みがあれば買い替えを検討するしかない。
そんな出費が気になる山行である。

登り始めると早速驚きに襲われた。
ストックを使った登りが驚くほど楽なのだ。
何故皆使わないんだと思わずにはいられなかったがまぁ使わないとき邪魔だからだろうとは思う。
富士見台まではなんの問題もなく進み、その先の縦走路も大きな問題はなかった。
ところが狐塚峠から一気に谷まで降りる道に入ると痛みが出てきた。
急な下りということもあり結構痛い。
改善なんて夢物語だったんだと認識せざる負えない状況。
谷まで降りると痛みと疲労感が体を襲う。
こんなダメージを負ってまで谷に降りて何をするかというと景信山まで登るのだ。
体力的苦行である。
登るについれてストックがなければ立っていることもままならないぐらい疲弊していったがひたすら足を前に出していたら景信山についた。
景信山山頂は凄い人で、それまで出会った人よりも景信山山頂にいる人の方が多かった。
ここまでは都市伝説かと思われた山ガールもここにはいた。
本日のピークまで登ったことで一息ついたものの本当の苦行はここからだったというのが驚愕すべき事実である。
足の指先はもう限界だったしさらに靴紐をきつく結んでいたせいか足首より上も靴にあたると痛みが走るようになった。
はっきり言って普通に歩けない状態だ。
それでも歩かなければ帰れないのでえっちらおっちら歩く。
ただひたすら歩くが足の痛い山行は苦痛以外の何者でもない。
もはやこの靴ではやっていけないそう判断せざる負えなくなった。

ただ今回の山行で得たものもあった。
それはストックの有効性である。
ストックは登りでも下りでも大活躍だった。
前回と比べ長距離、高負荷の道のりだったにもかかわらず前回よりも足の疲労感が少ない。
山の三種の神器には入っていないらしいが、四種の神器には入れていいんじゃないかと思う。

モンベル(mont‐bell) アルパインポール アンチショックモンベル(mont‐bell) アルパインポール アンチショック
()
mont-bell(モンベル)

商品詳細を見る
スポンサーサイト

登山入門日記3

ひたすら痛みと戦う苦行の山行に心が折れそうになったが、改善する方法はないかと検討することにした。
兎にも角にも足が前に出ることが指先の痛みの原因であり、そこをなんとかしなければこの苦行は永遠に続くと思われた。
そこで2つの対応をとることにした。
1つは靴の結びをきつくすることだ。
足首より上をきつく結ぶことで足が前に出ることを防ぎ指先が靴に当たらないようにする。
もう1つは装備による改善である。
ストックを下りのストッパーとして使うことで前に出る力を軽減させるというものだ。
このダブルの対応で改善しないならこの靴は諦めるしかないという思いで次の山行に望むことにした。

登山入門日記2(八王子城山)

三種の神器の1つ登山靴を手に入れたので早速試し履きすることにした。
試し履き先に選んだのは八王子城跡~富士見台~高尾山~高尾駅のコース。
本当は八王子城跡~景信山~高尾山と行きたいところだが試し履きには距離が長すぎると思い断念した。

八王子城跡に行くまでの間(駅まで歩いたり電車乗ったり)で既に足に違和感を感じた。
右足の薬指が痛い。
靴を履くときにかかとをしっかり後ろに寄せてなかったようで履き直すと改善した。
八王子城の資料館で簡易地図を手に入れさらに城跡をひと通り見学したあと登り始めたのだが足が重い。
結構な登りに加え靴が重いこともあり足が重いのだ。
登りきるとここから尾根道を歩く。
順調に進み富士見台で昼食をとったあと高尾山方面へと足を向ける。
ここからは基本下りが続くがその中で薬指の痛みが再発。
下りで指先が靴にぶつかるらしく痛い。
しかも今度は両足とも痛いときた。
痛いので足の指先をかばいつつ下ろうとするがそうしていると今度は膝まで痛くなり、ひたすら痛みと戦う苦行の山行になってしまった。
本当はここからまた高尾山へ登る予定だったが、足の痛みに耐え切れずそのまま高尾駅へ向かい帰ることにした。

登山靴の足首を固定することによる安定感は素晴らしいし、アウトソールが硬いことでつま先立ちも容易なことも素晴らしいと思う。
ただ足が痛くなるというのはあまりにも致命的な欠点だと言わざるおえない。
(サイズ選びを間違えたのだろう・・・)

[モンベル] mont-bell GORE-TEX ワオナブーツ Men’s[モンベル] mont-bell GORE-TEX ワオナブーツ Men’s
()
mont-bell(モンベル)

商品詳細を見る

登山入門日記1

登山をはじめて夏山長期縦走を一つの目標としようと決めました。
これから登山用の装備を少しづつ揃えていくことになると思うので、その過程を書いていきます。
ただ飽きたら終わりの緩い取り組みになるかと思います。

登山装備を揃えるにあたってネットを少し調べてみると三種の神器があるということがわかりました。
それは靴、ザック、雨具だそうです。
この中でも靴は最重要とのことなので、最初に揃える装備は靴にしました。

登山靴で調べると様々なメーカーの様々な靴が出て来ます。
まず種類を絞ることにしました。
登山靴の種類は大きく3種類あるらしく、ローカット、ミドルカット、ハイカットというものがあるようです。
目標の夏山の長期縦走では重い荷物を背負うので、その中でも足首をしっかり固定してくれるハイカットがいいらしいことがわかりました。
続いてメーカーを調べます。
日本のメーカーでmont-bellというメーカーがあるようで、登山用品全般を作っておりショップ運営もしていることがわかりました。
比較的お安い上にコンセプトが日本人に合う登山用品というのが気に入りました。
いつ辞めるかも分からないので安いというのはとても重要です。
早速mont-bellショップへと向かいました。

mont-bellショップに着いて靴を見ていると店員さんが登山靴は初めてですかと声をかけてくれました。
初めての旨と靴の用途を伝えるとまず足のサイズを測ることになりました。
お店に用意されていた登山用靴下を履いてサイズを測ると右25.3cm、左25.2cm。
登山靴はちょっと大きめのがいいんですよというアドバイスとともにオススメされたのはサイズが25.5cmのハイカットの靴。
早速履いてみると良い感じにフィットしていました。
さすがだなと思いつつ靴下と合わせてさっくり購入しました。(後で痛い目にあうとも知らずに)

[モンベル] mont-bell GORE-TEX ワオナブーツ Men’s[モンベル] mont-bell GORE-TEX ワオナブーツ Men’s
()
mont-bell(モンベル)

商品詳細を見る
プロフィール

kitonz

Author:kitonz
初めまして。

訪問者
kitonzフォト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
kitonzチェック
RSSフィード
ログ

無料レンタル

ロールオーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。