スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKG K370使用感

Apple In-ear Headphones with Remote and Mic MA850G/AApple In-ear Headphones with Remote and Mic MA850G/A
(2008/12/26)
アップル

商品詳細を見る

ここのところずっとiPhoneではApple in-earイヤホンを使っていました。
正直音質はいいとも悪いともいえないそこそこな感じなんですが、マイクやら音量調整やら曲送り用のリモコンが付いていて、かなり気に入っていました。
ところが先日左側のイヤホンからの音の出力が下がるということが起こり、このまま使い続けるのが困難になり、渋々新しいイヤホンを買うことに決めました。

しかしいくら気に入っていたとはいえ、どうせ買い換えるなら今と同じイヤホンではつまらないということで、別のよさげなものがないかと物色を始めたのですが、これが以外と見つからない。
条件としてはマイク機能のリモコンが付いていることと、2万円以内であることが必須、そしてリモコンに音量調整機能があり、1万円以内であればなおよし。
という条件で探したのですが、必須条件ではなんとか数点見つかるものの、なおよしの条件では皆無。
というか、リモコンに音量調整機能が付いているものはApple in-earぐらいしか見つからない状況で、一瞬もう同じのでもいいかとも思ったのですが、やはり同じではつまらないと思い直し、また物色することにしました。
最終的にはBOSEのin-earと今回買ったので迷ったのですが、最後は自分の直感で選んでみました。

選んだのはこいつ。
ハーマンインターナショナル(AKG) マイク付きカナル型ヘッドホン AKG K370シルバーブラック K370SILVERBLACKハーマンインターナショナル(AKG) マイク付きカナル型ヘッドホン AKG K370シルバーブラック K370SILVERBLACK
()
ハーマンインターナショナル

商品詳細を見る

AKG K370。

前置きが長くなりましたが、ついに本題の使用感。
使用感と言ってもまだマイクは使ってないので、主に主観の音質などについて一週間使ってみた感想になります。

音質は高音の強さと音場の広さとなかなかの解像感が目立ちます。
この辺はApple in-earと比べると結構衝撃的で凄いと思えた部分です。(直接聴き比べてはいませんので感覚的ですが)
ただこの部分が目立つせいなのか、中音と低音がやや弱く感じられ少し不満も感じます。
特に低音はApple in-earの方が音が聴き取りやすいように感じました。

リモコンに関しては音量調整が使えないのがやはり不便ですが、再生停止や曲送りはできるので、まぁなんとか許容範囲内という感じです。

今回イヤホンは必要に迫られて買った感じな上、結構な出費だったので買ってもあまり嬉しくないという部分が少なからずありましたが、イヤホンの性能としては結構いい感じに思っています。
Apple in-earとの価格差、機能差(音質ではなく音量調整機能)を考えると正直微妙に思えなくもないですが、音場の広さや音の解像感といったものはApple in-earにはない良さで結構気に入ってもいるので、一応納得の買い物かなと感じています。
ちなみにこの他で唯一気になる部分(そしてかなり重要に)としてはイヤホンコードが脆そうというのがあります。
基本的にイヤホンはずっと使い続けてできるだけ出費をしたくないものなので、この部分は以外に重要なのですが、このK370はその部分がかなり不安です。
せめて1年はもってほしいなぁ。

スポンサーサイト

初音ミクを聴いてみた

普段見ない、読まないものに挑戦してみようプロジェクト第2弾として、初音ミクに挑戦してみた。(といっても聴く方ですが)
*今回の内容は時期をかなり逸した話題の今更な話です。

聴いたのはこのCD。
Re:Package(初回限定盤)Re:Package(初回限定盤)
(2008/08/27)
livetune feat.初音ミク初音ミク

商品詳細を見る


で聴いてみた感想ですが、よくできてるなという感じです。
曲はいい感じですし、ボーカロイドの歌声も情感というか厚みはないもののなかなかよくできています。
ただ、普通に人が歌った方がいいCDになるんじゃないかなとも思いました。
正直これだけだとなんでこの初音ミクがあそこまでブレイクしたのかよくわからんという感じで、最初はボーカロイド初音ミクを擬人化することによる良さ(人が歌うのとは違う感じも初音ミクという人の特徴)かなとも思いました。
しかしどうもそれだけだとしっくり来ない感じがありました。
そこでネット上の動画をあわせて見てみたところそこで合点がいきました。
初音ミクがブレイクした大きな要因は、ボーカロイドとしての機能でも擬人化できることでもなく、ネタ作品がおもしろいからだったんだなと。
作られた曲にクオリティの高いものがあったこともブレイクの要因ではあると思いますが、ここまでブレイクしたのはネタ作品のクオリティが高かったという部分が大きい気がしました。

坂本真綾 かぜよみ

かぜよみ。
2週間ぐらい聴いていますが、期待通りいいアルバムです。
かぜよみ(初回限定盤)(DVD付)かぜよみ(初回限定盤)(DVD付)
(2009/01/14)
坂本真綾

商品詳細を見る

シングル曲の雨が降るやさいごの果実もいいですし、そうでないGet No Satisfaction!、SONIC BOOMなどもいいです。
特にいいなと思う曲としては、このアルバムを表してるであろうカザミドリ、そしてカザミドリがアルバムの表なら、裏を表す(個人的に思っている)Remedyもまた素晴らしいなと思います。
このアルバムは作曲者が結構バラバラなのが一つの特徴ですが、バラバラな割にはアルバムとしては調和がとれてると思います。
ただ個人的に微妙だなと思う曲もありまして、それは蒼のエーテル、Colors、ギター弾きになりたいな。
これらの曲はアルバムを通して聴いていると少し引っかかる感じもあります。

自分は限定版を買ったのでPV(さいごの果実、トライアングラー、雨が降る)のDVDも見ました。
正直こういうDVDは付いてきてもそんなに繰り返しは見ないわけですが、限定版のDVD付き買ってよかったなとは思っています。
トライアングラーはそうでもないんですが、さいごの果実や雨が降るはうまくいえないんですがPVから感じる物があって見終わった後に何かが残るんです。
その残る物がなんかいい感じなんですよね。

今回かぜよみを聴いて、坂本真綾のアルバム(曲)はどんどん変わっていくなと感じました。
これはよくも悪くもという部分があるかもしれませんが、毎回楽しめるというかいい曲として感じられるものになっているので、個人的には坂本真綾はやっぱいいなと思いました。

マクロスFO.S.T.2 「娘トラ。」

マクロスFO.S.T.2 「娘トラ。」マクロスFO.S.T.2 「娘トラ。」
(2008/10/08)
TVサントラシェリル・ノーム starrinng May'n

商品詳細を見る

マクロスFO.S.T.2 「娘トラ。」買いました。
サントラなんですが娘フロの時のように歌が多いのが特徴です。
むしろ歌は娘フロの時よりも増えています。
娘トラは多くなった歌もいいんですが、歌なしの曲もよくて、基本的にすべての曲が気に入るという素晴らしいサントラになっています。
唯一欠点は、娘々サービスメドレーやトライアングラーのようなランカとシェリルで歌う曲が、どうもしっかり声が出てない感じがすることです。
慣れるとまぁいいかなと思えるんですが、最初は声が全然出てないなぁと思いました。
特にトライアングラーは坂本真綾と比べると全然ですし、さらに余計な(?)アレンジもあってちょっとこれを聴くのは・・・と思ってました。
ただ、二曲とも貴重なアレンジで、欠点はあるものの今はこれはこれでありかなという感じです。

今回買ったのは娘トラですが、それに以前買った娘フロ、トライアングラー、ダイアモンド・クレバス、ライオンなどから歌をプレイリスト化して聴いたりしています。
これだけあると曲の数も下手なアルバムよりも多くなるくらいで、結構聴き応えがあります。
マクロスF (フロンティア) O.S.T.1 娘フロ。マクロスF (フロンティア) O.S.T.1 娘フロ。
(2008/06/04)
菅野よう子中島愛

商品詳細を見る

トライアングラートライアングラー
(2008/04/23)
坂本真綾

商品詳細を見る

ダイアモンド クレバス/射手座☆午後九時Don't be lateダイアモンド クレバス/射手座☆午後九時Don't be late
(2008/05/08)
シェリル・ノーム starring May’n

商品詳細を見る

ライオンライオン
(2008/08/20)
中島愛May'n

商品詳細を見る


マクロスFで使われた曲で娘フロ、娘トラに入ってないのは、この中ではライオンのライオンぐらいですが、基本的に同じ曲でも娘フロ、娘トラよりは、シングルに入っている曲の方がしっかり音が出ているというか、音に深みがあるように感じます。
なのでプレイリスト化するにあたって、同じ曲がシングルにあるものはシングルのを使っています。

これらのCDはマクロスFを見ていた人には当然オススメなんですが、曲の素性がいいと思うので、見てなかった人も結構楽しめるんじゃないかなと思います。
(好みはあると思いますし、アニソンの域は出ていないと思いますが)


P.S
個人的には元々はランカの歌があまり好きではなかったのですが、今回娘トラでランカの歌を聴いていたら、普通に気に入ってしまったことは嬉しい誤算でした。

明日咲く花を買った

明日咲く花明日咲く花
(2008/07/23)
奥華子

商品詳細を見る

今日発売の奥華子さんの新曲を買ってきた。
歌は3曲入っていました。

まずメイン(?)の「明日咲く花」
これはなんか聴いてると涙出そうになる感じの曲。
なんだろうな、声を含めた楽曲が凄く心に響いてるのかもしれない。

「紫陽花」は特に書くほどのことはないんだけど、普通に好きな感じの曲。
奥華子さんの曲は全般的にやさしさと切なさの入り交じった感覚があるんだけど、この「紫陽花」もその例にもれない曲だと思う。

「変わらないもの」のライブバージョンは5月のライブの時と同じような気がする。
あの時のアレンジのやつなのかな?
出だしはこりゃ何の曲だ?と思うけどやっぱりいい曲。
元々もいい曲だと思うけど、ライブバージョンの深い(重い)感じもまたいい。
奥華子さんはライブでは弾き語り形式をとっているので、CDとは結構違った曲になるんだけど、両方にそれぞれの魅力があって、どちらも素晴らしいと思う。


P.S(その1)
奥華子さんのライブの日程と先行販売方法が発表されてました。
先行販売の申し込み期間は長めにとってあるので、忘れずに申し込んでまた行きたい。

P.S(その2)
買ったらポスターがついてきたので、写真に撮ってみた。
表面(?)
_0010632.jpg

裏面(?)
_0010626.jpg

新・萌えるヘッドホン読本を買ってみた

新・萌えるヘッドホン読本を買ってみた。
新・萌えるヘッドホン読本新・萌えるヘッドホン読本
(2008/06/25)
岩井 喬

商品詳細を見る


読んでみて思ったのは、割と真面目な本だなぁということ。
本の構成としては1つのヘッドホンに対して見開きページを使い、右に説明と評価グラフ(音質など)があり、左に萌える女の子がそのヘッドホンを着けている絵がある。
絵を描いている人は何人かいて、1つのヘッドホンだけの人もいれば複数のヘッドホン(女の子)を描いている人もいる。
ちなみにヘッドホン読本という題名だが、いわゆるヘッドホンだけでなく、イヤホンも含めた説明本になっていて、最後にはアンプの説明(6種類)もある。
ヘッドホンの価格レンジは約3000円から約24万円まで、アンプは約2万円から約16万円までとなっている。

この本の特徴的な点はヘッドホンの紹介が写真ではなく、萌える女の子が着けている絵であるといえるが、これ以外にも特徴的な点がある。
それは、ヘッドホンの音質評価に使っている楽曲にいわゆるアニソンが多いことである。
ジャンル的にはオーケストラ、ジャズ、ロック、ポップスがあるが、ポップスは(アニソン)と表記されており、実際そんな感じの構成である。
アニソンの試聴楽曲としては、このブログでも紹介した、シェリル・ノームのダイヤモンドクレバスや坂本真綾のトライアングラーも使用している。
ダイアモンド クレバス/射手座☆午後九時Don't be lateダイアモンド クレバス/射手座☆午後九時Don't be late
(2008/05/08)
シェリル・ノーム starring May’n

商品詳細を見る

トライアングラートライアングラー
(2008/04/23)
坂本真綾

商品詳細を見る

さらに自分のライブラリーにあるRainbow(ARIA)、プリズム(電脳コイル)なども使用している。
「ARIA The ANIMATION」オリジナルサウンドトラック「ARIA The ANIMATION」オリジナルサウンドトラック
(2005/11/23)
TVサントラ河井英里

商品詳細を見る
プリズム/空の欠片プリズム/空の欠片
(2007/08/29)
池田綾子

商品詳細を見る

この本のヘッドホン評価を書いている人のことは知らないので、何ともいえないところはあるが、アニソン的な楽曲中心でのヘッドホン評価本としてみると結構有用でレアな本に思える。

ちなみに自分が持っているヘッドホンも2つこの本に載っていた。
1つはSHUREのSE530、もう1つはSennheiserのHD650である。
SE530の方は安倍吉俊さんが、HD650はSiroさんが描いている。
SHURE 高遮音性イヤホン・ブロンズメタリック SE530-JSHURE 高遮音性イヤホン・ブロンズメタリック SE530-J
(2007/07/06)
不明

商品詳細を見る

Sennheiser ダイナミックオープンエアヘッドホン ハイグレードモデル HD650Sennheiser ダイナミックオープンエアヘッドホン ハイグレードモデル HD650
()
不明

商品詳細を見る

安倍吉俊さんといえばこれと一緒に回螺という本を買っていて、このつながりにはちょっと驚いた。
回螺 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)回螺 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2008/06/26)
安倍 吉俊

商品詳細を見る

回螺の感想は気が向いたら書こうかと。

とまぁ主な内容はこんな感じですが、萌えとかアニソンという気軽な気持ちで知識なく読むと、評論文の専門用語が理解できず多少痛い目にあう。
(キックとスネアが~とか)
またこのことを表やグラフだけで補えるかというと必ずしもそうではない。
情報はあるのだが、情報量が不足しているためそこだけでは余計に評価が難しい。
(いっそ見出しのみで判断した方がいいかもしれない)
そういう意味ではヘッドホン評価媒体としてだけでこの本を見ると少々物足りない。
しかし総合的に見ると萌える女の子+アニソン評価ヘッドホン本というなかなかない構成の本で、おもしろい本だと思う。

ピンクの三角形

トライアングラーを買ったらピンクの三角形がついてきた。
DSC_0002.jpg

これは何に使えばいいんだろうかとちょっと本気で思ってしまった。
なんとなくなんだけど気に入ったので使ってみたいんだけど用途が思い浮かばない。
アクセサリー感覚で何かにつけるのがいいかもしれないけどそれには強度が心配すぎる。
机の上にでも置いておくというのが無難かな。


トライアングラートライアングラー
(2008/04/23)
坂本真綾

商品詳細を見る


曲はほとんどトライアングラーしか聴いてないけど結構いいです。
坂本真綾も今までにない曲といっていたように、確かにこういうなんか直球ど真ん中(?)系の曲は今までなかったものだと思う。
久々の菅野よう子作曲とかは正直この曲自体から感じるものはあまりないけど、いい感じじゃないかな。
ただ何か不足感もあったりして、なんというか曲が軽い感じがする。
まぁこれは軽快な曲だからなんだろうけど、この軽快感にもうちょっと重みというか低音が加わればもっといい曲(好みの曲)になりそうだなと思った。

とりあえず1回大音量で聴きたい。
夜も遅いのでそれはまた後日にでも。


ZeepTokyoと陰陽座 ライブDVD「天下布舞」

天下布舞(完全初回限定盤)天下布舞(完全初回限定盤)
(2008/01/23)
陰陽座

商品詳細を見る

これ買いました。
買ったときは初回限定版の方が通常版より安かったのですが、今は初回限定版の方が高くなっている。
なんでだ?

・・・それはさておき、本題に入ります。
といっても本題というほどの中身はなかったりしますが。

前回の記事で、ZeppTokyoで坂本真綾のイベントに行ってきたと書きましたが、この陰陽座のライブも実はZeppTokyoで行われたものを収録したものだったりします。
なんつーかある意味両極なイベントが同じ会場で行われたということになんか不思議な気持ちになりました。
まぁ普通にあることだし、当たり前なことだとも思うんですけど、こういう両極端なイベントが同じ場所で行われ、しかしそれぞれの違う良さがある。
なんか妙に感慨深い気持ちになりました。

ちなみライブDVDは、良かったですよ。
CDで聴くのとは違う感じの演奏(アレンジしてあるというよりは、生の楽器演奏感を感じる)。
映像はカメラワークがちょっと激しいけどライブの空気感にフィットしてる感じがあります。
MCはグダグダなうえに長いけどいい感じです。
このDVDを見てると思わずライブに行きたくなります。
陰陽座の音楽が好きならこのDVDオススメです。


*しかしライブDVD2枚組には驚いた。初回版はこの他に1枚(プロモとか)追加で3枚。

SHURE 高遮音性イヤホン SE530-J について語る(ちょこっと?)

SHUREのSE530というイヤホンの中では高級な部類に入るブツです。
カナル型イヤホンは嫌いで使ってなかったのですが、イヤホンでいい音を探そうとすると、主流のカナル型に手を出すしかない現状というわけで手を出したわけです。
(ヘッドホンはもっと嫌いです)
SHURE 高遮音性イヤホン・ブロンズメタリック SE530-JSHURE 高遮音性イヤホン・ブロンズメタリック SE530-J
(2007/07/06)
不明

商品詳細を見る

以前・・・というか今使っているのは
audio-technica オーディオテクニカ インナーイヤーヘッドホン ATH-CM700 SVaudio-technica オーディオテクニカ インナーイヤーヘッドホン ATH-CM700 SV
(2006/06/23)
不明

商品詳細を見る

インナーイヤーイヤホンのこいつです。
こいつはこいつで結構気に入っています。
オーディオテクニカらしい強烈な高音域とそれを邪魔しない(ある意味出てない)低音域。
つけやすいのも含めていい感じです。
これに出会えた時は最高のイヤホンに出会えたと喜んだのですが、最近上には上がいるんじゃないかと、理想のイヤホンをちょっと探してみようかと思ったわけです。

音の善し悪しは所詮個人の好みの問題であって、高けりゃいいというわけでもないと思いますが、高いものはやはり高いなりのものであるとは思います。
というわけで今回試したのは高いものです。
これは高いということの実力と、もしこれが良くなければ今まで通り好みの音を出してくれているオーディオテクニカ製品に絞って買い替えていこうかなという選択の材料にしようかと思っています。

開封写真を一応撮ったのですが、なんかしょぼい感じがするので載せません。
なので、文章のみです。

まず第一印象は、
パッケージ重い!
です。

なんでイヤホンなのにこんなに重いのかと思うほどにとにかく重いです。
開封していくとその謎は解けました。

なんで箱が金属製! そしてこの大量の付属品は何!?

ほんとなんで箱が金属製なんでしょうか・・・高いイヤホンだから質感を高めようとしたのかな・・・・それにしては全然質感の高さを感じません。
・・・こういうコストはイヤホン自体に使ってほしいところです。
付属品は、延長コード長、短に航空機用の変換アダプタ、音声調整付きのリモコン、イヤーパッド、やけにでかいイヤホンジャック・・・かな。
いろいろいらないものが多いな。
ちなみにこのイヤホンを使う場合、延長コードはほぼ必須だと思います。
長だと鞄に入れる感じで、短だと胸ポケット・・・胸ポケットならそのままでも平気かもしれません。
でもだとしたら短は何に使うんだろうか・・・・・

次にイヤホンの装着方法ですが、耳の上部から後ろへとコードを回してつけるタイプで、これが・・・ひどい。
左耳のコードはいい感じにクセがついていて良かったのですが、右はいい感じについていなく、動くと耳の上部から後ろへと引っ掛けているコードが外れてしまいます。

これは・・・・・うざすぎる!

なのでとりあえず一生懸命コードにあれやこれやとクセをつけましたよ。
(断線したら交換してもらうつもりで)
そのおかげでちょっとはマシになりました。
でもこのタイプのはもう買いたくないかなとか思いました。

心配していた耳への装着感じはまぁ問題ないかなと。
サイズ3種類×3種類のイヤーパッドがありますが、自分が使っているのは世間一般的なイヤーパッドだと思います。
サイズはS。
さて、次はメインの音質についてです。

エージングがまだ終わってないので、最終的にどうなるかはわかりませんが、現時点での感想です。

驚愕!!!

音が、あらゆる音が、き、聴こえる。
なんかもうとにかくあらゆる音が聴こえる感じで、そのすべてが突出してない。
個性なくすべての音を出しているというなんかもう優等生的な印象を受けました。
ただ聴いている曲がPOPS中心なので、低音が強いものがありません。
なのでもしかしたらこのイヤホンは低音が弱い可能性があります。
実際、高音がかなり強く出ている印象がありますが、低音ではBASEが強いと感じる場面は一度もありません。
ただ、低音が強いのは好みではないので、自分にとっては問題ないです。
というか低音は強くなく音を出して、バランスをとってくれる程度が好きなので、逆にいい感じです。

現状では高音が強すぎるかなと思います。
音が割れるということはないのですが、とにかく強い。
CM700の時は最初高音が弱くて、エージングが進むにつれて高音が出てきたのですが、今回は現状維持かやや抑えめになってくれるといいなと思います。

SE530は値段相応の価値があるかどうかは分かりませんが、すごいイヤホンだなぁと思いました。
これほどあらゆる音が出るものなんだと驚きました。
現状では、高音域の音のクリアさはCM700の方が上と感じる場面もありますが、音に関しては総じてSE530の方が上(好み)です。
ただ、この場合の好みは音質というよりもとにかく音が出ているということにかかっている感じがします。
音が出ていなかったCM700とSE530を音質で比べるの少し無理があるのかなと。
ただ結論としてSE530がCM700より優れているとは言いません。
最初に言ったように好みの問題だからです。
自分にとっては恐らく漫然と曲を聴くような場合はCM700が聴きやすいんじゃないかなと思います。
逆に結構しっかり聴くならSE530だと思います。

最後に。
何度も言いますがとにかく驚きました。
これほどに色んな音がクリアに出るものなんだということに。
感動すら覚えました。
この価格帯の色んなイヤホンを試す財力はありませんが、この価格帯で色々聴き比べをしてみたいなと思いました。
ほんとに高いイヤホンですが、こういうことを体験できたのは満足ですね。
(でもPS3が普通に買えてしまうをことを考えると凄いイヤホンだよなぁ。・・・最近どうにもPS3換算をすることが多くなった気がする)


伊吹 唯 こころをこえて

こころをこえて こころをこえて
伊吹唯 (2007/06/08)
インディペンデントレーベル

この商品の詳細を見る

昨日新宿駅南口?甲州街道直の出口のところで弾き語り、CD販売している伊吹 唯さんを見ました。
この人知らなかったわけですが、なんとなく聴いてました。
正直良い感じとそうでない感じ両方があるように感じました。
ただ歌うときなんかどっかを見ている感じがあって、楽しそうな感じがあってそこはいいなぁと思いました。
1ヶ月で3000枚のCDを売ろうとしているみたいですが、7日目で200枚ぐらいだったのでちょいときつそうだなぁとか、いろいろあってちょっと応援したくなってCD買いました。
買うときに、気になっていたどこ見て歌ってるのかを聴いたら、空と言われました・・・・なんか勝手ですが残念・・・でした。

肝心のCDですが、うーんちょっと弱いですかね。
弾き語りだと奥華子さん
TIME NOTE TIME NOTE
奥華子 (2007/03/21)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る

の方が良いですね。
メジャーデビューしてるので当然そうといえばそうなのかもしれませんが・・・。
ただ、光る可能性はある気がするので頑張ってほしいところです。
光る可能性はあると思ったからCD買ったわけですし。
月並みですけど頑張って下さい。
CD買ったとき言い忘れてました。

なお、ほぼ毎日のように新宿南口?で弾き語りやってるそうです。
あと23日ぐらいは、だと思いますが。
ここでCD買うと名前入り、サイン付きのCDが買えたりします。
興味がある方はどうぞ。


P.S
itunesでインポートすると、CDタイトルが「こころここえて」になってるような・・・。
プロフィール

kitonz

Author:kitonz
初めまして。

訪問者
kitonzフォト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
kitonzチェック
RSSフィード
ログ

無料レンタル

ロールオーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。