スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四月は君の嘘 ページから感情があふれだす

四月は君の嘘のアニメがおもしろくてこのままアニメ版を毎週楽しみにしようかとも思ったのだけど、我慢できずに原作漫画を買ってしまった。

結果、やっぱりおもしろい。

んで、この漫画のおもしろさの特徴はなんだろうと考えてみると、コマ割りかなと感じる。
ストーリー、画は普通かなという印象なんだけど、コマ割りを含めるととてもうまい見せ方になっていて、感情を揺さぶられる。
ストーリー以外で感情を揺さぶる見せ方については、OPなども含めアニメがかなり良くできていそうな雰囲気(アニメはまだ序盤ですが)だったので、漫画版はやや劣るかなと思っていました。
ところが漫画版はアニメ版と十分以上に張り合えるほどに見せ方が素晴らしいです。
最も素晴らしいなと思う所は4巻の井川絵美。
演奏もそうだけど背景描写も含めてあの爆発感は凄い(見せ方だけでなく井川絵美というキャラクターもあるでしょうが)
ページから感情があふれだしてくる描写は必見です。

四月は君の嘘(4) (講談社コミックス月刊マガジン)四月は君の嘘(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
(2012/09/14)
新川 直司

商品詳細を見る
スポンサーサイト

2014年秋 個人的アニメ事情

今期は通常に比べておもしろいアニメがかなり多くて嬉しい悲鳴である。
題名をあげていくと、

・Sランクおもしろい
 四月は君の嘘
 SHIROBAKO
 甘城ブリリアントパーク
・Aランクおもしろい
 暁のヨナ
・Bランクおもしろい
 寄生獣
 ガンダム Gレコ
 ガンダム BFT
 サイコパス2
 Fate/stay night

・未視聴 or 判断保留中
 山賊の娘ローニャ
 七つの大罪
 ワールドトリガー

ちなみにランクの基準として前期アニメと比較すると次のような感じになる。

・Sランク
 前期と比較対象がないほどにおもしろい
・Aランク
 東京喰種
 アルドノア・ゼロ
 アオハライド
・Bランク
 残響のテロル

Sランクがあるのも嬉しいが、Bランクが多いのも色々楽しめそうということで嬉しい。

SHIROBAKO 第1巻 (初回生産限定版) [Blu-ray]SHIROBAKO 第1巻 (初回生産限定版) [Blu-ray]
(2014/12/24)
木村珠莉、佳村はるか 他

商品詳細を見る

iPhoneの液晶に指紋が目立ってきたら

液晶保護フィルムなしで長くiPhoneを使っていると液晶に指紋が目立つようになってくる。
何故こうなるかというと、耐指紋性撥油コーティングが剥がれてくるために起こるとのこと。
こうなると指紋を拭き取ってもすぐ指紋がついてしまうので、常に汚れているように見えてゲンナリする。
じゃあどうすればこれを解決できるのかというと、再度コーティングしましょうというのが今回の話。

使ったのは「【FDC003】クリスタルアーマー 強化ガラスメンテキット Fusso SmartPhone」

【FDC003】クリスタルアーマー 強化ガラスメンテキット Fusso SmartPhone【FDC003】クリスタルアーマー 強化ガラスメンテキット Fusso SmartPhone
()
CRYSTAL ARMOR

商品詳細を見る


これをティッシュを使ってiPhoneに塗り、8〜12時間放置するだけのお手軽さ。
複数回繰り返すとより効果がでるとのことだが、1回だけでも十分効果あり。
試しに2回塗りしてみたが、それほど大きな差はなかった。
たったこれだけで指紋は目立たなくなるし、指の滑りもよくなるのでおすすめです。

iPhone6 plus サードインプレッション

限界である。
もう堪えられない。

iPhone6 plusを良いものに違いないと自分に言い聞かせて使ってきたものの、言い聞かすのも限界に達してしまった。
結局iPhone6 plusはスマホとタブレットの融合ではなく、どちらでもない半端者だったのだ。
スマホが使いたければiPhone5sを使えばいいし、タブレットが使いたければiPadを使えばいいのだ。
何が悲しくて大きすぎるスマホと小さすぎるタブレットを使わなければいけないのか。
責任者に問いただしたい。
責任者はどこか!

…はい、買ってしまった自分ですね。

というわけでiPhone6 plus引退です。

P.S
この記事を下書きしてから約1週間ほどiPhone5を使っているのですが、

手頃なサイズでとても使いやすい!

iPhone5最高!
iPhone5sが欲しくなってきた。

iPhone6 plus セカンドインプレッション

それなりに使ってみたiPhone6 plus。
結局どうなのよというのをちょこっとまとめてみる。

それなりに使ってみたものの、やっぱり電話としては大きすぎるよねというのは変わらないところ。
正直小さいものに買い換えたい。

ただ大きさと重さ以外は結構便利で、ブラウジングとかは大きいほうが情報量が多くて見やすいし、カメラも手ぶれ補正付きで画質はデジカメには及ばないものの多少妥協すればメインで使うのもありだと思う。

総括すると大きいことのデメリットは多いが、新型iPhoneとしては(iPhone6 plusとしてではない)及第点の出来でありこのまま使い続けるしかないのかなというところで、要は不満タラタラです。

その不満に対し理想のiPhone(というかスマートフォン)を挙げるとすると、3.5インチ以内の画面サイズの小型軽量端末 かつ iPhone6 plusと同等の性能(パフォーマンス、カメラ、バッテリー持ち)となるのだけど、少なくとも今後のiPhoneには期待できないだろうなぁ。

今後に期待したいiPhone6 plus

iPhone6 plus。
5.5インチの大画面スマートフォン。
自分はスマートフォンは小さければ小さいほど良いという考え方なのだけど、あのAppleが用意した大画面スマートフォンにはそれを覆す何かがあるのではないかと思ってすぐに買うことにした。
まだ使い始めてほんの一週間しか経っていないが、使ってみて感じたことについてさっくり書いていく。

iPhone6 plusだが、一言で総括するなら無駄にデカイということになるだろう。
大画面スマートフォンの価値としてわかりやすいのはタブレットの代替が可能であるという点だが、まずそれはできていない。
大画面の使い勝手試すのにkindleコミックを読んでみたものの、読む際に感じるコマの印象がタブレットに比べ明らかに低い。
これは画面解像度の問題ではなく5.5インチという物理的な画面サイズの限界だろう。
結局5.5インチの大画面とは中途半端な大きさであり、タブレット的な使い方をしたければiPad miniを買えということになると感じた。

iPhone5からiPhone6 plusに変えて良かったと思う点はTouchIDが使えるようになったこと、画面が綺麗になったこと、バッテリー持ちが良くなったことだ。
ただこれは逆に言うと、大画面になって良かったと思う点は一つもないということになる。
つまり無駄に大きく、無駄に重く、無駄に操作しづらくなってしまったと感じていることに他ならない。

iPhone6 plusに対する酷評になってしまったが、iPhone6 plusはまだ世にでたばかりである。
自分が使い込む中で良いと思える点の発見やAppleからの今はない使い方の提案など、今後について期待したいと思っている。
何故なら高い買い物をした上に使いづらくなったなどと認めるのはつらいのだから。

3DS版ドラクエ10は本当にひどいのか

3DS版のドラクエ10が酷評されている。
リリース直後の接続できない点はさておき、ラグや文字の小ささなどリリース直後以外の問題点も多いとのこと。
こんな話をみているうちに、実際それがどれほど酷いのかを確かめた見たくなったので、買って試してみることにした。

まず全体の感想としては酷評に値するが、プレイできないほどではないというところだ。

文字が読めないか   ⇛ 一部読めない(想像で読む or あきらめる)
操作性は悪いか    ⇛ 事実上カメラが操作できず悪い(NEW 3DSや拡張パットがあれば改善すると思う)が、その他は問題ない(文字入力は悪いのがわかっているので省略)
ラグはあるか     ⇛ ある。ソロプレイなら許容できるが、人とやるなら厳しそう(実際にやってはいないので想像)
画面の大きさは十分か ⇛ 不足。画面サイズ、解像度ともに足りない。(3DSLLなら少し改善するかもしれない)

などなど問題点(課題)は山積みだ。
他のプラットフォームでプレイしたことがあるとこれらの問題点がさらに目につくだろう。
ただ3DS版が初プレイの場合、問題は感じつつもなんとか受け入れられるレベルになっているとは思う。
何より人は慣れるので、ある程度の問題は結果的に許容できるだろう。

3DS版のドラクエ10にも素晴らしいところはあり、それは寝転がりながら気軽にプレイできるところだ。
これはとても素晴らしいのだが、3DS版は全体的にコミュニケーションが取りづらい設計になっているため、MMOとして3DS版のみでプレイするのは限界がある。
そう考えると、3DS版単体では利点よりも欠点のほうが大きいプラットフォームになっていると感じる。
いくらドラクエ10が完全ソロでも進められる(自分がやっている範囲では)とはいえ、現状ではサブ機として使うのが現実的な利用用途だと思う。

※少し話がそれるが、ドラクエ10はMMOにしてはストーリーがおもしろく、ちょっとしたストーリーを求める人にも薦められる内容になっていると思う(Lv40まで進めた限りでは)
特にプクリポのストーリーがオススメ。

ドラゴンクエストX オンラインドラゴンクエストX オンライン
(2014/09/04)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

「このSを、見よ! クピドの悪戯」がおもしろい

「このSを、見よ!」という漫画がおもしろかったのでちょいと書いてみます。

まずおもしろかった点ですが2点あって、1つは個人的偏見を打ち破ってくれた点です。
この漫画はちょっとHな要素があるのですが、個人的偏見でHな漫画はHであることに重点が置かれていて話としてはあまり面白くはないと思っていました。
ところが「このSを、見よ!」を読んでみるとはまったくそんなことはなく、物語として話を楽しめました。
2つ目は1つ目と少し被るのですが、印象に残る展開という点です。
ラストも含めてにはなりますが、話の展開が結構衝撃的で印象に残りました。

ちょっとHな漫画だけど物語性があり、展開も印象に残る漫画。
という紹介が今回の記事の要点になりますが、これだけだとどんな話かまったくわからないと思うので概略を少し補足します。
(できるだけネタバレしない方向にしますが、多少してしまうので何も知りたくない方は読まない方がよいです)

まず話のジャンルですが、恋愛物です。
ジャンルは恋愛物ですが、特徴的な設定として主人公(男性)の体にはスティグマという痣のようなものがあり、この痣を見た人(女性)は主人公に欲情するというものがあります。
あることをするとこの欲情は解消されるのですが、あることをしなければ解消されません。
またこの能力ですが主人公が望む望まないにかかわらず見たら発動してしまうという厄介な性質もあわせ持っています。
これに各登場人物の背景が交わり少し複雑に話は展開していきますが、基本はこの設定を元にした恋愛物となります。
ただ設定からも想像できるとおり、純愛というか綺麗な恋愛ものではありません。
逆に綺麗でない点を読んでいくのを楽しむ漫画だと思っています。

また2軸の恋愛が描かれることになる点もおもしろいところです。
すべて読み終わった後に比較してみると同じ点・異なっている点が見えてきてまた楽しめると思うので、それを比較するのもおすすめです。

このSを、見よ!(1) (ビッグコミックス)このSを、見よ!(1) (ビッグコミックス)
(2013/02/04)
北崎拓

商品詳細を見る


と、書いてみたもののネタバレの内容も含めて書かないとすっきりしないので、この後はネタバレこみで少し書きます。

物語のラストですが、なんでそっちを選んでしまったのかというのが正直な感想です。
今までの展開的にありえなくはないけど、両親の背景は対極としての対比の意味が強いと思っていただけに衝撃的でした。
結果的に対極ではなく似て非なる物(自分の思いを優先するという意味で同じ)という非常に近いものになってしまった気がします。
良い悪いではないのですが、父親と息子(主人公)をみてみると同じ道を辿ってしまったんだなという点が少し残念です。
ただこの点こそが「このSを、見よ!」の核だと感じているので、この点は描かれるべき重要な箇所だと思っています。
ただ個人的にはそうなって欲しくはなかったな・・・。

解放少女SIN もっと良い評価がされてもいい作品

解放少女SINのPS vita版をプレイして結構おもしろかったのだが、一般的にもっと良い評価がされてもいい作品ではないかなと感じたので今回記事にしてみた。

まず解放少女SINというゲームの背景について少し書くと、解放少女SINは解放少女という3DSやiOS版で発売されているSTGの続編である。
ただ続編なのだが、ゲームジャンルはSTGからADVに変更されており、引き継いでいるのはストーリーのみになるようである。
なるようであると書いたのは自分は前作をプレイしていないためであるが、解放少女SIN内で前作も含めた話が少し入っているようで、前作をプレイしていなくても特に問題なく楽しめると思う。

ストーリーの主軸は日本が他国からの侵略戦争対するということを、大統領および内閣などの政治中枢に関わる人達の視点から描くという軍事・政治もののストーリーになっている。
またミスティクルという物質により低年齢でも高い能力を持つものが現れており、大統領および内閣のメンバーは高校生を中心に運営されている。
このように世界設定が少しユニークだったので、世界設定を理解していくだけでもかなり楽しめた。
またユニークというと、史跡兵器という独特の兵器(例えば名古屋式ゴールデングリッター)もかなりユニークだ。
実際にプレイしてみればわかると思うが、名前も内容も実にバカバカしくておもしろい。

ストーリーについて前半・中盤・後半を5点満点で評価すると、前半4点、中盤3点、後半3点である。
新鮮な設定とある意味のバカバカしさで前半の評価は高い。
中盤は個人的に好みの展開をしないのと、やや間延びした感があり3点。
後半はも中盤とほぼ同様の理由で3点としている。
ゲームとしてはほぼ1本道のADVで、約25時間ほどのプレイでクリアできた。
ゲームボリュームとしては十分あり、斬新な設定などのおもしろみもある。
ストーリーがやや間延びする点と展開に意外性がない点は残念だが、一度プレイする価値は十分にあると思う。


解放少女 SIN (限定版) (設定資料集、オリジナルショートアニメプロダクトコード 同梱)解放少女 SIN (限定版) (設定資料集、オリジナルショートアニメプロダクトコード 同梱)
(2014/07/31)
PlayStation Vita

商品詳細を見る

古き良きモノ、新しき良きモノ

良きモノは大事だ。
何故ならめったにでてこないから。
古き良きモノを大事にするのは懐古主義からではなく、滅多に出会えないモノだから。

でもまぁ新しい良きモノもそのうち出てくるから、それほどこだわることもないのかなと思う。

さーVAIO type Pの新作でないかなー

SONY VAIO Pシリーズ P119 Win7HomePremium 32bit ホワイト VPCP119KJ/WSONY VAIO Pシリーズ P119 Win7HomePremium 32bit ホワイト VPCP119KJ/W
(2010/05/22)
ソニー

商品詳細を見る


P.S
Twitterよりもちょっと長めの話をこちらに書いていこうと思ってやってみたけど、今回のはTwitterでも書ける文量だった・・・
プロフィール

kitonz

Author:kitonz
初めまして。

訪問者
kitonzフォト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
kitonzチェック
RSSフィード
ログ

無料レンタル

ロールオーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。